このエントリーをはてなブックマークに追加  

住宅ローンの支払がつらくなったら

任意売却

住宅ローンの支払が滞ったり 、 銀行から代位弁済、競売開始の通知が送られてきた場合には、早めに専門家へ相談することをおすすめします。

 

対応が遅れてしまうことによって、自宅を手放さずに済む選択肢がどんどんと狭まってしまうからです。

 

このような状況のときは冷静な判断を下すことが出来ず、思考が停止してしまう傾向にあります。

 

殻に閉じこもって、気付いたら自宅は差し押さえられて強制退去なんてことにもなりかねません。

 

一度、任意売却業者のネットワークを持つ経験豊富な弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

任意売却

 

任意売却相談さぽーと

 

任意売却相談さぽーと

匿名相談OK

WEB無料相談24時間対応

050-7301-9123

詳細ボタン

 

所在地 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル31階
電話の相談

無料 
9:00〜18:00  
24時間受付 

メールの相談

無料 24時間受付

面談の相談 無料(要予約)
備考 相談者合わせた適切なパートナー検索をサポートします。

 

日本法規情報

日本法規情報

3000人の専門家が登録している窓口

相談のみでもOK!土日も対応!!

WEB無料相談24時間対応

050-5577-7411

詳細ボタン

 

所在地 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル31階
電話の相談

無料   
平日10時から20時まで土日、休日終日受付のみ対応 

メールの相談

無料 24時間受付

特徴

全国から優れた専門家を紹介してくれる窓口。

 

満足のいくパートナーが見つかるまで何度でも、無料で相談パートナーを変更することができます。

誰に相談すれば良いのか?

インターネット上を検索してみると、住宅ローン滞納のお金の悩み相談に乗ってくれるという専門家は大きく分けて2種類あることが分かると思います。

 

  • 法的な手段を取る際に欠かせない弁護士
  • 住宅を売ることを得意とする不動産業者です。

 

どちらも 「私にお任せください!」とうたっています。

 

しかし、この2種類の専門化には大きな欠点があるのです。

 

この弁護士さんと不動産業者は欠かすことのできない専門家ではあるのですが、あまりにも専門分野が違いすぎて、どちらに相談してもまったく違う提案が返ってきてしまうのです。

 

弁護士は個人再生や破産手続きなどの法的な手続きをしなければ相談に乗って報酬を得られません。

 

ですからどうしても法的手段をすすめる傾向にあります。

 

不動産業者は家を売却しなければ報酬を得ることが出来ません。

 

まず、支払が滞っている住宅ローンの物件をどのように高値で売却するかを提案する傾向にあります。

 

双方非常に大事な役割を果たすのですが、どちらに相談をするかによってあなたに提案される内容がまったく違ってきてしまうのです。

 

あなたが本当に望んでいる解決方法を理解して、真剣に手を尽くしてくれる専門家に相談することで、最善の解決策を見つけ出すことが出来ます。


無料で相談に乗ってくれる本物の専門家をご紹介します

では具体的に誰に相談すべきなのでしょうか?

 

日本法規情報という団体があります。

 

この団体は不動産業者とのネットワークを持っている弁護士を各地域に配置しています。

 

各地域にいるということは土地感覚にも優れているので適正な価格で交渉できます。

 

わかりやすく言うとコンシェルジュのような役割です。

 

どうしても家を手放したくないという相談者に対しては、どのように専門家のネットワークを使って解決するべきかを教えてくれます。

 

家は手放しても良いから、早く問題を解決して再起を計りたいという相談者に対しては、どんな専門家にどういう処置をお願いするべきかという解決策を一緒に考えて、実績のある専門家を紹介してくれるのです。

 

しかも、相談無料 0円 です。

 

相談するためにお金を払う必要もありませんし、後から請求されることもありません。

 

24時間受け付けていますので、今すぐ電話をしてください。