このエントリーをはてなブックマークに追加  

弁護士など専門家の無料電話相談を活用しよう

わざわざ、弁護士事務所まで行くのはちょっと・・・、とためらって相談できずにいる方は多いのではないでしょうか。

 

どんなことを相談したらよいのか?
自分が悩んでいることは弁護士さんに相談すべきことなのか?

というような迷いがある方は多いのでは。

 

お金を払って相談するというのも、大きな壁になるでしょう。

 

 

このような理由から相談できずにいるなら、無料電話相談を活用してみてください。

 

ただし、相談者は気軽に電話できる一方で、弁護士は関係する資料も手元にありません。

 

相談者からの少ない情報をもとにしてアドバイスをすることになります。

 

また、法律相談というのは限られた時間の中で行われます。

 

無料相談の場合、通常は30分程度です。

 

電話相談の場合は、もっと短くなると思います。

 

そのため、電話相談をうまく活用するためには幾つか注意するべきポイントが。

 

電話相談の際には、いくつかのことを心得てから利用しましょう。

相談したい内容をメモにとって整理しておく

いきなり電話をして、自分の悩みを整理して伝えることができる方はなかなかいません。

 

それが法律問題となればなおさら難しいでしょう。

 

ましてや自分の権利やお金に関する悩みや問題ですから、どうしても感情的になってしまう方が多くいます。

 

感情的になって話をしてしまうと、法律的な事とは関係ないことばかりを話してしまいます。

 

言いたいことも、問題点も伝わりませんし、そもそも話もできない状況に・・・。

 

また、せっかくアドバイスや対処方法を聞けても、感情的になっていると冷静な判断はできません。

 

冷静に話しをすることが重要です。

 

そのためにも、事前の準備を。

 

関係書類の用意とメモ書きを作成して整理しておけば、冷静に要点を伝えることができます。

 

例えば、離婚の相談なら。

 

・戸籍謄本(戸籍全部事項証明)
・メモ書き(結婚した日、夫婦・子供の生年月日と年齢、別居をした日、職業と月収、夫婦の財産、相手の名義になっている財産、離婚しようと思った経緯や理由など)
・不貞(不倫)行為がある場合、証拠となる写真やメモなど
・暴力を受けている場合、暴力を受けた日付・理由を記したメモや診断書など

 

このように、集められる範囲で構いません。

 

相談時間は限られています。

 

知りたいことを知る、適切なアドバイスをもらうためには、事前の準備をしておきましょう。

弁護士の言葉を遮らないように

弁護士は、ある程度の事を聞けば、どんな事が問題なのか、どんな対処をしたら良いかを判断できます。

 

そこで、一方的に話してはいけません。

 

悩みを相談している最中に、弁護士から質問が入ると思います。

 

弁護士の言葉をさえぎらず、弁護士に主導権を渡しましょう。

 

もちろん疑問があれば質問をしても構わないのですが、それは弁護士が話し終えてからまとめてするようにしてください。

 

すこしでも分からないからときくのではなく、まずは弁護士の説明・アドバイスを聞いてみてください。耳を傾けていれば理解できることも。

 

また、弁護士には嘘をつかず正直に話すようにしましょう。

 

相談で嘘をついては意味がありません。

 

弁護士には相談の段階から守秘義務があります。他言するようなことはないので、安心して話してください。

相談中にはメモを取る

弁護士に相談する時には、メモできるように筆記用具を用意しましょう。

 

弁護士の法律相談では、どうしても専門知識や専門用語が出てきます。

 

それにとても早口で会話をしてきます。

 

いちいち話をさえぎって説明を求めてしまうと、時間が足りません。

 

会話の中で聞き慣れない言葉や聞きたいことが出てきた場合、今後の対処方法などはなるべくメモしてください。

 

一通り話が終わったところで、メモしたことを最後に確認するといいでしょう。

電話相談は直接相談に行くかどうかの判断材料として活用する

最後に、電話相談については、直接相談に行くかどうかの判断材料として捉えてください。

 

相談者側としては、「電話相談すれば自分の悩みが全て解決するのでは」と思われて利用する方も・・・。

 

しかし、弁護士にしてみれば、電話では何の資料もありません。

 

電話では具体的な話もよくわからないため、きちんとした助言はできないのです。

 

「電話相談だけで全てが解決」というのはできません。

 

今後どうしたら良いか、法律的な問題なのかどうか?といったアドバイスを受けることができる程度です。

 

問題解決のための一つのステップだと考えて活用してください。

 

「ちょっと聞きたい」という程度で考えて利用することをお勧めします。