このエントリーをはてなブックマークに追加  

ローン滞納中の方!裁判所からくる通知には要注意

住宅ローンの支払が滞ると、督促状から代位弁済通知などいろいろな通知が債権者から届きます。

 

その中でも、「競売開始通知」という裁判所から送られてくる通知があります。

 

これは、今まで債権者から送られてきた通知とは違った硬い内容になります。

 

見逃したり無視してはいけません。

 

この競売開始通知が届くと、「裁判所からなんかきた」とビックリして相談に駆け回る方が多いようです。

 

「競売開始通知」とは何なのか?

 

債権者である銀行や保証会社は、住宅ローンの支払が滞り回収が困難となると、担保権を実行するために地方裁判所へ申し出をします。

 

担保権とは?

 

担保権(たんぽけん)・・?

 

よくわかりませんよね。

 

まずはその説明をしておきます。

 

住宅ローンを組んだ時のことを思い出してください。

 

万一、ローン債務を返済できなくなった場合にそなえて、抵当権を建物に設定しませんでしたか?

 

登記簿謄本をみてください。

 

「所有権以外の権利に関する事項」の欄

  • 順位番号
  • 登記の目的
  • 抵当権設定
  • 受付年月日
  • 原因

 

欄に債権額や抵当権者などの詳細が記載されていると思います。

 

これは、あらかじめローン債務の返済不能に備えて、債権者に提供しておく権利のことです。

 

担保権として抵当権が設定されるのが一般的です。

 

もし返済不能になった場合、債権者である銀行などはその抵当権に基づいて回収を図るのです。

 

ですから、債権者が債務者に黙って、勝手に裁判所に競売を申し立てを行ったとしても文句は言えません。

 

これが担保権なのです。

 

話を戻しますが、債権者から競売の申し立てがあれば、裁判所は問題が無ければ受理します。
 
このような経緯で債権者のもとへ送られるのが「競売開始通知」です。

競売から任意売却への切り替え

なぜ、競売開始通知が届いたのかはお分かりになりましたね。

 

それによって何が変わるのか?

 

この点を次に説明していきます。

 

先ほど、担保権(抵当権)のお話をしました。

 

担保権がついている家と土地は、競売開始となれば差押えられてしまいます。

 

裁判所から法務局へ通達され、差押登記が嘱託されるのです。

 

つまり、住んでいる所有者であろうと、自分の物であろうと何だろうと、勝手に売買することが出来なくなります。

 

競売が進んでいる状態から任意売却に移行したい時には、債権者に差押を解除してもらう約束を取り付けなければなりません。

 

複数の債権者がいる場合

 

全債権者の承諾が必要となります。

 

普通に考えて不動産流通市場で売れるということは債権者にとっても債務者にとってもメリットのある清算方法です。

 

まだこの時点なら理解してくれて同意してくれる可能性は非常に大きいと言えます。

 

しかし、待ったなしの競売手続きですから、素早く対応しないとどんどん進んでしまいます。

 

期間入札開始となるとすでに競売が始まってしまっているので、取り下げることができません。

 

また、その前のギリギリの段階でも債権者の同意を得られるかは、かなり微妙なところです。

 

少しでも早めに対処することで、家を残せたり、少しでも高く売ることが出来たり、自己破産せずに済む選択肢を残すことが出来ます。

 

この通知が来たら、とにかく早く専門家にご相談へ行くことをお勧めします。

 

任意売却に強い無料相談はこちら