このエントリーをはてなブックマークに追加  

債権者がチェンジすると…

住宅ローンを3〜6ヶ月滞納

 

お手元には代位弁済通知書というものが届くことになります。

 

 

きっと、それを手にした方は、何の事だか分からないかもしれません。

 

そこで、代位弁済とは?を簡単に説明しておきます。

 

この通知が届くとどうなるか?

 

債権者である銀行との契約が、

 

保証会社などに移行することになります

 

お金を借りた債務者に代わり、保証会社が債務の全額返済をします。

 

代わりに返済してくれた保証会社が

 

債務者にとって新しい債権者となるのです。

契約者が変わる

 

これは、消費者金融やサラ金でお金を借りた際で言えば、保証人になっている人や債務者の親族などが全額返済をしてくれるという事です。

 

しかし、保証会社による代位弁済は、「これでうるさく返済しろと言われない」などと安心してはいけません。

 

身内であれば、肩代わりしてくれたお金を分割で返すなど、「少し待ってほしい」という事も可能でしょう。

 

代位弁済で保証会社が住宅ローンを全額返済してしまうと・・

 

債務者の期限の利益の喪失にあたり、住宅ローンを分割払いできる権利は無効となります。

 

つまり、代位弁済して新たに債権者となった保証会社に対して、「ちょっと待って!ローンにしてほしい」などのようなことは言えないのです。

もったいなかったと後悔しないように!!

滞納が数か月と続いた場合

 

代位弁済通知が発行されます。

 

代位弁済通知予告が届く場合もあります。

 

この通知が届いた時点で、「これはまずい」と意識してください。

 

すでに代位弁済の手続きは進められていると判断できます。

 

一括で残りのローンを返済することは現実的に不可能ですから、代位弁済は逃れられないと思います。

 

ですから、その後の事を考えなくてはいけません。

 

因みに、債権が保証会社などの手に渡った場合

 

抵当権で担保になっている住宅自体を処分してローンの返済に充てる、という流れに進んで行きます。

 

その処分する手段としては、競売です。

 

競売で処分されると、一般市場の半分くらいで買い叩かれてしまいます。

 

損をすることの方が多くなります。

 

これは非常にもったいないことです。

 

そこで、任意売却という手を考えるべきです。

 

任意売却の場合

 

自宅にそのまま住み続けることができるかもしれません。

 

ある程度の売却金額を自分の手元に残すことが可能となります。

 

また、代位弁済通知書が届いた時点であれば、自宅を売却せずにローンを返済していく方法で解決ができる可能性もあります。

 

 

滞納されている多くの方は債権者からの通知には目を通さず、無視するという行動をとってしまいます

 

その結果、後々慌てることになってしまったり、後悔する羽目になっているのです。

まずは、債権者からの通知には必ず目をとおしてください。

 

そして、すぐに専門家に相談してください。

 

任意売却の専門家に無料で相談できる