このエントリーをはてなブックマークに追加  

偽物や悪徳弁護士には要注意!

法律業務を行うには弁護士などの資格が必要です。

 

裁判所における訴訟や破産・個人再生手続きだけでなく、代理人として消費者金融などと交渉を行う債務整理などの業務も法律業務とされます。

 

もし、このようなことを行った場合には弁護士法に違反します。

 

この違反行為を行うことを「非弁活動」といいます。

 

また、弁護士法では、弁護士は非弁活動を行う業者(非弁業者)からの業務(事件)の斡旋(あっせん)を受けたりしてはいけません。

 

更に、そのような非弁業者に名義貸しすることも禁止されています。

 

この行為を「非弁提携」といいます。

 

非弁業者に名義貸しする弁護士を「非弁提携弁護士」といいます。

 

このような護士が本当にいるのか?と思われるかもしれません・・・。

 

しかし、過去にも事件になっています。

 

  • 整理屋
  • 事件屋
  • 紹介屋

 

このような組織と組んで斡旋を受けた弁護士がいたり、非弁業者に名義貸しをして儲けるなど…。

 

あってはならない事ですが、中にはこういう弁護士もいるのです。

 

【参考ページ】

 

整理屋とは

 

事件屋とは

 

このような非弁提携弁護士に騙されてしまう方も多くいます。

 

騙そうとする非弁提携弁護士の手口 1

 

あたかも本当の弁護士事務所のようなところに連れて行きます。

 

そこで弁護士が不在と伝えられます。

 

弁護士事務所に招かれたというだけで弁護士に会えなくとも、信じてしまうのかもしれません。

 

しかし実際には、事務員が対応。

 

弁護士が目を通すことなく適当な訴状や書面を作成しているわけです。

 

最悪のケース

依頼してお金を支払ったにもかかわらず、そのまま放置。

 

依頼費用だけでなく、手続きに必要だといって預けたお金さえも戻ってこなくなってしまったという例もあります。

 

 

もちろん、名義貸しをしていることがバレれば、その弁護士は懲戒処分を受け法律業務ができなくなります。

 

その結果、依頼人が依頼した案件はそのままとなります。

 

このような被害もあることを知っておいてください。

 

非弁提携弁護士や非弁業者には気を付けましょう。

CMや電車内の広告で見かける大手だからと安心は禁物

大手弁護士事務所だろうと、門構えの良い法律事務所であろうと、レベルの低い仕事をすることがあります。

 

どのような点に注意するべきか?

 

  • 事務員がやたらと多く、弁護士には会わせてもらえない
  • 得体の知れない業者などから紹介される弁護士には警戒する
  • 事務所に行っても弁護士を見かけない

 

弁護士に依頼する際には、「弁護士」という名前だけで安心感を覚えてはいけないという事です。

 

非弁提携弁護士に引っかかってしまうと大変です。

 

ここ数年間でも、弁護士という資格を悪用した結果、業務停止処分などの処分を受けた弁護士は少なくありません。

 

そして、それらの処分を受けた弁護士の多くが、非弁提携弁護士に絡んでいるという実情があります。

 

また、自分からでなくとも、相手から近づいてきます。

 

悪が近づいてくる

 

 

  • 自宅のローンの支払が滞り競売が進んでいる
  • 数社からの借り入ある
  • 非提携弁護士や事件屋から電話
  • 闇金からの勧誘

 

「もう自己破産するしかない」などとお金の問題を抱え、諦めているような人に対して、いろいろな手口で話を持ちかけてきます。

 

いきなりの電話やDMには要注意です。

 

そんなうまい話あるわけない!と冷静な判断が出来ればよいのですが・・・。

 

相手も巧みに信じ込むように話を持ちかけてきます。

 

十分な注意が必要です。

 

任意売却の専門家に無料で相談できる