このエントリーをはてなブックマークに追加  

不動産という大事な財産を自分の手で!

なぜ任意売却を選んだ方がいいのか!

 

それは、競売よりも持ち主の方にメリットがあるからです!

 

そのメリットとは何か?

 

それは、競売よりも基本的には「高値で売れる」という点がポイントです。

 

どれくらい競売とは違うの?」と知りたいところですよね。

 

一般的に競売では任売よりも低い金額で売りに出されているのです。

 

更に、自分で値段を決めることもできず、裁判所によってその金額は決定されます。

 

しかし、任売となれば、もちろん不動産販売のプロの意見を聞いたうえでとなりますが、金額の決定に際して自分の意見を伝え、交渉することができます。

 

というのも、競売と任売では売りに出される市場が異なるのです

 

任売では、皆さんも駅前や街の不動産屋さん、新聞の折り込みチラシなどで見かけたことのある不動産物件販売情報と同様に、一般の市場に売り情報が掲載されますが、競売では違うのです。

 

競売物件はこれまで、裁判所でしか閲覧・謄写ができなかったのです

 

ただ、ここ最近は「BIT」というサイトでも閲覧・ダウンロードができるようにはなりましたが、裁判所が管理しているため、その利用は業者さんが一般的です。

 

つまり、競売物件を不動産の素人である一般の方が目にすることがないと思います。

 

ここまで説明すれば、なぜ競売物件が任売物件より安く売りに出されてしまうのか気づかれたのではないでしょうか?

 

それは、物を売りたいと思ったときに共通していますが、10人しかいない市場で売る場合と、1000人いる市場で売る場合を考えてください。

 

1000人いる市場で売るなら、10人の市場で売る値段より高くつけても売れる可能性は高い!

 

逆に、1000人いる市場の値段をそのまま10人しかいない市場で売った場合、買い手がつかない可能性は高くなりますね。

 

また、競売の場合、基本的には売った代金を債権者への支払いとします。

 

つまり、必ず売れてくれないと困るのです

 

こういったことで、裁判所も一般市場よりも低く金額を設定して売りに出しているのです。

 

ですが、持ち主としては、できるだけ高い金額で売りたい!ですよね?

 

それに、少しでも高く売れれば、借金や住宅ローンを返済後に余剰金が出る可能性も高くなります。

 

余剰金が多いほど、自分がその家から引越しする際の資金に充てたり、家具の買い替えや生活費などに充てられるわけですから、何ら不都合なことはありません。

任意売却は街の不動産よりも専門業者に依頼するべき

さて、いざ任意売却をすると決めたら、どこに依頼すればいいか

 

何となく不動産屋という事は誰もが思いつくと思います。

 

しかし、不動産を扱う業者ならどこでもいいというわけではありません

 

大きなポイントは、任売を扱っている業者であるかどうかです!

 

といいのも、専門の業者でないとその扱いや売り方に慣れていないため、売りに出したはいいけど、いつまでも売れないという結果になる可能性が高いからです。

 

更に、借金やローンの返済の目途もつかず仕方なく売却されるという方が多いかと思いますが、

 

いくらで売れるか?
売れたお金でいくら借金が返せるか?
手元にはいくら残るか?

 

などなど様々な点を考慮してもらわなくてはいけません。

 

しかし、そこまでの対応は街の不動産屋ではしてくれません

 

しかし、専門業者となれば、様々な対応だけでなく、場合によってはアフターケアまできちんとしてくれる業者も中にはあります。

 

大事なのは、売れた後の処理です!

 

不動産は売れたものの

 

  • 多額な借金が残ってしまった…
  • 引っ越し費用まで考えてなかった…

 

こんなことでは再スタートは難しくなります。

 

また、専門業者であれば、売却後にかなりの債権が残ってしまうような場合などには、自己破産をするための弁護士を紹介してくれる業者もあります。

 

あらゆる面でサポートしてくれるという事です。

 

こういったことからも、競売をするよりも、一般の不動産市場で売る任売を選択した方がメリットが大きいということです。

 

なお、既に競売の申立をされてしまったという方、任売に切り替えることも可能ですが、期限がありますので早急な対応をしてください。

 

ただし、手続きから売却まではそれなりの期間がかかるので、1ヶ月や2ヶ月でスムーズに出来るというものではありませんので任売への切り替えが難しい事もあります

 

中には、人気の場所、物件であることからすぐに売却されるという事もありますが、そういうケースは極稀です。

 

十分な期間を持ってから、動き出すようにしてください。

 

任意売却の専門家に無料で相談できる