このエントリーをはてなブックマークに追加  

自己破産をよく知ってさえいればデメリットなどない!

何人もの方の自己破産手続きに携わったことがあるからこそ言えますが、債務が無くなることを考えるとデメリットはない!と言えるのが自己破産です。

 

自己破産で借金がゼロになれば、マイナスからではなく、ゼロから再スタートができるのですから!

 

 

そう考えると、デメリットと言えるほど恐れるようなことはないのだと思いますが、とはいえ、自己破産する場合にはいくつか条件もありますので、見ていきましょう。

 

・大きな財産は換価する必要がある
マイホームや土地・別荘といったものをお持ちの場合、それは返済の原資となりますので、手放すことになります。
また、99万円を超える現金についても、返済の原資に充てる必要があります。

 

なお、預貯金、株、保険の払戻金、車、退職金など、現金に換価できるものは財産となりますが、
20万円以下であれば手放さなくてOKです。
逆に、20万円以上となるものについては、手放すことになる可能性もあります(退職金は/8から1/4が20万円を超える場合)。

 

・特定の職業に付く方は自己破産の手続き中職務に就けない
士業というような専門性の高い職業に就く、弁護士や税理士などや保険外交員や警備員などは自己破産手続き中の一定の期間中は業務に従事することが出来ません。

 

・新規の借り入れができない
銀行やクレジット会社などが情報を共有している信用情報、通称ブラックリストに登録されるため、新規のローンやクレジットカードの発行が出来ません。

 

ただし、3年後に住宅ローンを組めたなどの例もあるため、一概に組めないと決め付ける必要は無く、5年から10年後には借り入れも可能となります。

 

・自己破産者名簿に記載される
本籍地の役所に自己破産者名簿というのがあり、そこに記録が残ります。
しかし、これは第三者が閲覧することは出来ませんので、誰かに知られるなどの心配はする必要はないでしょう。

 

多少のデメリットもメリットと比べると大きなものではない

すでに説明したようなことが、自己破産でいえばあえてデメリットとされる点です。
世間では、都市伝説のようないい加減な情報も出回っていますが、それほど恐れるようなことなどないのが自己破産です。

 

自己破産をすると戸籍に記録が記載されてしまう…
運転免許証が取得できない…
海外旅行に行くことができない…

 

そのような情報は完全に間違った情報です。
自己破産についてきちんとした知識を持っていれば、むしろデメリットなどないのです。

 

お金の問題に悩まされることない生活が得られるのが自己破産です。
多くの方が活用されている手続きでもあります。

 

「自己破産だけは・・・」と非難・躊躇される方もおりますが、 自己破産は人としてやってはいけないことではありません。

 

法律で認められた立派な権利です。
将来どころか明日も見えないほどお金の問題に悩まされているのであれば、人生の再起を計る為に、是非活用すべき手続きだと思います。

 

無料で債務整理の相談に乗ってくれる弁護士

 

無料で住宅ローン遅延の相談に乗ってくれる専門家

 

無料で詐欺被害の相談に乗ってくれる専門家