このエントリーをはてなブックマークに追加  

どうなると競売になるの

住宅ローンを組むときに、銀行や保証会社は必ず購入する家に「抵当権」というものを設定します。

 

これは住宅ローンの支払が出来なくなったときのために、債権者(銀行や保証会社)が家を担保としておくことです。

 

因みに、抵当権の設定については不動産登記簿で確認ができます。

 

そして、住宅ローンの支払が滞ると銀行や保証会社は、貸しているお金を回収するために担保として設定していた家の「抵当権」を実行して回収を行います。

 

この「抵当権」が実行されることを競売といい、売却した金額を残りのローンとして回収します。

 

また、競売は、裁判所の命令で行われる手続きとなり、裁判所が家を売りに出すことになります。

 

では、どれくらい住宅ローンの支払いが滞ると債権者は競売の手続きをとるのか?

 

1か月2か月と支払いが滞れば、債権者は督促状を出します。
しかし、それを無視して放置して支払いしなければ、4〜6か月程度で裁判所に競売の申し立てをすることになるでしょう。

 

そして、裁判所からは競売開始通知というのが送られてきます。

 

 

その後、裁判所の執行官と不動産鑑定士が家に来て、競売手続きをする上で必要となる家の資料を作成するために、内覧や写真撮影をして帰ります。

 

そのまま手続きが進むと、期間入札開始日となりますが、この時点にくると任意売却に移行することは出来なくなります。

 

逆に言えば、この時期までは競売手続きが進んでいる最中でも任意売却に移行することが可能ということです。

競売でのメリット・デメリット

競売でのデメリットは、裁判所において競売の情報が開示されると、大勢の業者が競売物件を見に来ます。
家の周辺を回ったりして、実際にどのような家なのかを見に来るのです。

 

ですから、近所にも競売に掛かっていることがばれてしまう事があります。

 

また、価格においても、普通の市場相場よりも安く設定されるため、売却代金が低くなるのが一般的です。

 

メリットとしては、落札者が決定するまでは住み続けられるという点です。
通常であれば、売りに出した時点で家を明け渡すことになります。

 

しかし、競売では売りに出されている最中も対象となる物件に住み続けられます。

 

なお、「売れなければいつまでも住み続けられるってこと?」なんてことを聞かれますが、その可能性は否定しませんが、実際には非常に少ない可能性です。

 

更に、「競売にかかり居座り続けると、競売の落札者から立退料を支払ってもらえると聞いたけど?」などの質問を受けることもありますが、何の根拠もありません。

 

そのような事がある例もありますが、近年はシビアな業者が増えているので立ち退き料をもらえる可能性は無いに等しいでしょう

 

逆に、落札者が決まり所有権が移転したにも関わらずいつまでも居座り続けていると、新しい所有者から強制執行を掛けられて強制的に追い出され、損害賠償請求までされてしまうケースも多く見られます。

 

立退料については期待しないほうが良いでしょう。

 

さて、競売について簡単に説明しましたが、「強制的に自宅を取り上げられて、二束三文で売られてしまう」という感じなのが一般的です

 

残りのローン債務の事を考えると、自分で売却して少しでも手元に資金を確保することの方が望ましいですよね。

 

競売でも仕方ないやと投げやりになったり諦めないでください。
すぐに専門家に相談に行きましょう。

 

任意売却の無料相談はこちら