このエントリーをはてなブックマークに追加  

破綻後の不倫の場合は慰謝料が取れない!

不倫されたことを理由に慰謝料を請求する場合ですが、婚姻関係が破綻している場合。

 

「不倫した事実があっても慰謝料の請求は認められない」ということになっています。

 

 

例えば、別居しているような夫婦は、夫婦関係が破綻している状態といえます。

 

このような状態の中で、夫または妻が不倫をした場合。

 

不倫をした本人にも不倫相手にも慰謝料の請求が認められないのです。

 

「これはいったいどういうこと?」と思われるでしょう。

 

民法では、不倫相手に慰謝料を請求できる条件を定めています。

 

「平穏な婚姻生活を送る権利を侵害した」

 

すでに婚姻関係が破綻しているということは、「平穏な婚姻生活を送っていない」ということになるので、慰謝料の請求は認められないのです。

 

しかし、夫または妻のどちらかが、婚姻関係が破綻していると勝手に思い込んで不倫をした場合は別です。

 

最近の離婚裁判などでも、原告が「不倫が原因で平穏な婚姻生活が送れなくなった」という主張に対して、被告側は「すでに破綻している」と主張するケースはよくあります。

 

夫婦喧嘩

 

夫婦の意見が食い違うわけですが、被告側にしてみれば、破綻した事を理由に「不法行為(浮気)の慰謝料を支払わない」という主張をするのです。

 

この場合の裁判所の判断は!

 

一方だけが婚姻関係が破綻していると感じていても、お互いが婚姻の破綻を認識していなければ、不倫をした本人にも不倫相手にも当然慰謝料を支払う義務が生じる。

 

ただし、不倫相手に関しては異なります。

 

「うちの夫婦の婚姻関係は完全に破綻している」などと聞かされていた場合には、慰謝料を請求しても認められないケースもあります。

 

離婚についての無料相談、離婚に強い専門家はこちら

慰謝料が認められるかどうかのポイントと裁判所の判断基準

不倫の慰謝料請求では、被告側の「不倫を始めた時にはすでに破綻していた」という主張がよく問題になります。

 

この「婚姻関係の破綻」に関しては、2つのポイントがあります。

 

@不倫関係(不法行為)がいつから始まったかの問題
A本当に破綻していたかどうかの問題

 

不倫した方が破綻していたと主張し、もう一方が破綻していなかったと争いがあった場合、裁判所は2つのポイントをよく確認して判断をすることになります。

 

@不倫関係(不法行為)が始まった当時の夫婦関係がポイントになる

 

不倫相手と肉体関係を持った当時、夫と妻の婚姻関係が既に破綻していたかどうかが重要なポイントとなります。

 

不倫を始めた当時、夫婦関係がすでに破綻していたのであれば、慰謝料は認められません。

 

逆に、夫婦関係が破綻していない状況で不倫をしたとなれば、慰謝料は認められます。

 

A本当に破綻していたかどうか?の判断

 

夫婦が互いに破綻していたと認めているのであれば、争いにはなりませんが、一方だけが「破綻していた」と主張して争うことになるケースはよくあります。

 

破綻していたと主張する方は、そのことを証明する必要があります。

 

一番効果的な方法としては、「不倫前から別居していたという事実」を証明することです。

 

別居

 

逆に、破綻していなかったと主張する側は、「同居の事実」や「家族旅行に行ったこと」などの証拠を出して対抗することになります。

 

双方が出す証拠をもって裁判所は判断する事になりますが、裁判所はそう簡単には婚姻関係の破綻を認めません。

 

例えば、毎日のように喧嘩していたとか、一時的に出て行ったなどのレベルでは完全に破綻したとは認められません。
また、勝手に出て行き、勝手に家に戻らないという状態も、別居の事実があったとしても、夫婦二人の同意のうえでの別居とはなりませんね。

 

これでは破綻しているとは認められません。

 

「夫婦が同意のうえで別居している」というようなケースであれば別ですが、現実的にはそんなケースはまずないでしょう。

 

■実際に婚姻関係が破綻しているという状況とは!
夫婦がお互いに婚姻関係を継続する意思を持たない、婚姻関係を維持するための行動も努力もしてない、という状態です。

 

婚姻関係が破綻しているかどうかで争いがある場合、裁判ではなんと言っても証拠が全てです。

 

どんな証拠が必要となるのか、専門家にアドバイスを受けておくといいでしょう。

 

離婚についての無料相談、離婚に強い専門家はこちら