このエントリーをはてなブックマークに追加  

慰謝料と財産分与の違い

不倫が原因の離婚において、裁判で離婚する場合には、慰謝料は不倫をした相手の財力と、不倫された方の精神的苦痛と、相手の不貞行為をしていた期間と回数などを全て考慮して決められることになります。

 

なお、よく勘違いされている方が多いのですが、慰謝料と財産分与は異なります。
というのも、例えば、芸能ニュースなどで芸能人が離婚した際に話題になるのが慰謝料ですが、1億円などととてつもない額を聞いたことがあるかと思います。

 

それを受けて、慰謝料ってそんなに取れるんだ!と思っている方がいるのではないでしょうか?
しかし、あれは慰謝料といいつつも、実際にはその中には財産分与した金額も含まれています。

 

この点を勘違いされている方などは、「慰謝料はいっぱい取れるもの」という認識をお持ちのため、「1千万とりたい」など、相場とはかけ離れた額を提示してきますが、慰謝料の相場はそれほど高くないというのが実際のところです。

慰謝料ってどれくらい取れるの?

先ほども説明しましたが、裁判所で争う場合、慰謝料は様々な点が考慮されて決定されます。
つまり、ケースによって異なるため、○○円とは言い切れませんが、今までの判決を参考に実際に支払われた額を見て紹介したいと思います。

 

まず、不貞行為があった場合ですが、これまでの裁判所の判決などを見ると、慰謝料の相場は200万円前後となっています。

 

しかし、同様の不貞行為でも、その期間などによっても異なりますので、低い場合には50万円程度という判決もあります。

 

逆に、500万円程度という高い金額の結果となった例もありますが、一般的な相場は200万円前後となっています。

 

さらに、慰謝料は不倫相手に対しても請求することができます。
こちらも同様に様々な点から決定されますが、その相場は100万円から200万円の間となっています。

 

さて、裁判において慰謝料を請求する場合、その不貞行為の証拠が重要となります。
完璧な証拠がなければ相手が認めてくれない場合もあり、事実が証明できなければ慰謝料を請求しても裁判所でも認められないこともあります。

 

そこで、本当に離婚して慰謝料を取りたい場合には、探偵などの調査機関に依頼して、きちんと証拠を固めてから裁判を行うことをおすすめします。

 

 

また、裁判を起こす場合は、当然、裁判費用と弁護士費用もかかります。
それらは通常ですと、慰謝料を受け取った額から支払いをする形になりますが、もしも慰謝料がそれほど取れないような裁判となると、費用の問題を考えてから裁判を行うかどうかを考えたほうがいいでしょう。

 

なお、裁判所を通さないで当人同士や弁護士を間に入れて示談で離婚、慰謝料を決定するケースもあります。
この場合の相場も、裁判の判決などを例に決めるのが一般的ですが、当人同士の示談ですから、慰謝料額が高額になろうと、それはそれで問題ありません。

 

実際、当人同士の示談の場合、高額になる場合も多く、相手に財力がある場合は1000万円以上の慰謝料が支払われることもよくあります。
ですから、相手に財力があって不倫を認め離婚や慰謝料を払うことについて応じるような姿勢であれば、話し合いによる示談での解決が望ましいと言えるでしょう。

 

離婚について検討するならまずは無料相談

 

今すぐ浮気調査の専門家に電話で無料相談したい方はこちら