このエントリーをはてなブックマークに追加  

離婚事由の不貞行為とは浮気とは異なるの?

婚姻関係において、相手が浮気や不倫をすれば、それが一度であろうと離婚を考える方も多くいらっしゃいます。

 

更に、ただ離婚するだけでは腹の虫が治まらない!慰謝料をきちんと取りたい!というような場合もあるでしょう。

 

このような場合、民法で規定している離婚事由の中の不貞行為(浮気)が考えられますが、この不貞行為については少し知識を備えておかなければいけません。

 

というのも、不貞行為とは、夫婦のどちらかが配偶者以外の異性と肉体関係を持ったことを言うもので、浮気=不貞行為ではありません。
一般に皆さんが言う浮気と不貞行為とは異なり、その境は非常に微妙なところが出てきます。

 

では、いったいどんな行為が離婚理由として認められる不貞行為となるのか?
それは、まず夫婦には貞操義務があるということを知って下さい。

 

貞操義務とはなんだ?

 

何となくその文言から意味が伝わりそうですが、夫婦となると、お互いが協力しなければいけないとか、円満な家庭を築くための義務がありますが、夫婦以外の他人と性的関係をもってはいけないという義務もあり、これを貞操義務といいます。

 

ですから、この義務をどちらかが破った時には、不貞行為となります。
つまり、夫婦以外の人と性的関係をもったことを原因として、離婚の請求ができるわけです。

 

これは、慰謝料請求に関しても同様です。
ただの浮気ではなく、法律でいう不貞行為があった場合には慰謝料の請求が可能となります。

具体的にはどこまでが浮気?何が不貞行為?

皆さん、浮気というと、どのような事を言いますか?

 

例えば、夫が他の女性とメールのやり取りをしている、他の女性と食事に行っていたりする、他の女性と一緒に手をつないで歩いている現場を見たなど、中には、キスをしている写真を見つけたとか現場を見たとか・・・

 

こういうことがあると、「夫が浮気している」と言うのではないでしょうか?
どこからが浮気かというのは人によって異なると思いますが、ただ、この程度では完全な不貞行為とは言えないのです。

 

では、不貞行為となる行為はどのようなものか?

 

確実な決め手は肉体関係です!

 

肉体関係があれば、誰が考えても浮気ですよね?

 

法律的にも肉体関係の有無によって、不貞行為があったかどうかの判断をします。

 

 

したがって、浮気を理由に離婚を考えている人も多いと思いますが、もし裁判で離婚をする場合、完全に相手が不貞行為に該当する浮気をしていることが条件となります。

 

よって、浮気相手とのデート写真やメールのやり取りだけでは、証拠としては弱く、ホテルの出入りや、肉体関係を臭わすメールのやり取りなど、確実な証拠を裁判所に提出しなくてはいけません。

 

そういった証拠がない場合、不貞行為が認められない可能性が高いのです。

 

更に言うと、一度限りの過ちも浮気と言えるものの、離婚や慰謝料裁判では請求が認められない事もあります。

 

継続的に不貞行為があったかどうかも判断の基準となりますので、一度の証拠だけでなく、不貞行為を証明する証拠は多い方が間違いありません。

 

 

離婚について検討するならまずは無料相談