このエントリーをはてなブックマークに追加  

納得できないお金は支払わない!

「出会い系での支払いは返ってこないもの!それでも支払いに応じますか?」
「ひょっとするとその請求は詐欺では?」
「その出会い系サイトはご自分の意思で登録や利用をされましたか?」
「無料だと大きく表示されたから利用したのではありませんか?」

 

もしも今請求されている状況であれば、上記の4点をもう一度よく考えてみてください。

 

 

そのうえであなたが支払いに応じるのであれば、何もいう事はありません。

 

しかし、少しでも請求に違和感や疑問を感じるのであれば、お金を支払ってはいけません

普段、お金を支払うのはどんな状況でしょうか?

さて、出会い系での支払いに疑問を感じていただくために、少しお金の支払いについてのお話をさせていただきます。

 

まず、お金の支払いが生じるケース(種類)について、説明します。

 

既にサービスを受けた場合

 

飲食店などでの支払いを考えてください。
食べ終わってから会計、というのが典型ですね。
受けたサービスに対しての支払いは当然ですね。

 

目の前に品物がある場合

 

これはスーパーなどで食品を買うようなケースです。
欲しいものに対して支払いが生じるのですが、確実に自分のものになります。

 

将来、何かが得られると期待する場合

 

コンサートのチケットなど、事前に購入するケースです。
提供されるであろうものに対して、支払う場合です。

 

大きく分けると、お金を支払うケースというのは、このように分類できます

 

では、出会い系はどうでしょうか?

 

コンサートのチケット購入と同様の分類に属します。

 

そもそもコンサートチケットも、意識していないかもしれませんが、出会い系と同じような要素があるのです。

 

「支払った相手から、後で何かしらの提供が受けられると信じている」どうでしょうか?

 

出会い系での支払いもコンサートでの支払いも同じ分類となりますよね?

 

では、もしもあなたがコンサートチケットを買って、その楽しみにしていたコンサートが中止になったら?

 

何かしらの提供が受けられると思っていた相手から何も提供されないのですから、文句をいいますね!

 

提供が得られると信じて買ったのだから、当然です!

 

更に、提供が得られなかったことについては仕方なく諦められたとしても、その支払ったチケット代はどうでしょう?

 

諦められますか?

 

当然、チケット代を返せ!と言うはずです。

 

これは、出会い系詐欺においても同様です!

 

素敵な人と出会う目的で支払った、異性との交流を求めて支払ったなど、何かしらの提供を受けられると思って支払ったのに、業者が用意したサクラが相手だった!となれば…

 

支払ったお金を返せ!と言って当然ですね。

 

また、多くの場合が

 

「無料だと思っていたサイトの利用料を請求される」というのが出会い系サギですが、無料で提供を受けられるから登録した」

 

利用したという方が殆どではないでしょうか?

 

それなら、「無料だと思っていた!」と主張していいのです

 

何らおかしなことではありません。

 

ましてや、トップページに大きく「利用料無料」なんて記載されているようなケースでは、たとえ利用規約に小さく課金について記載してあったとしても、それは言いがかりだと考えていいのです。

 

それに、使ってもないのに利用料を請求されているのであれば、なおさら支払う必要はありません

 

詐欺の無料相談を使ってお金を取り返す方法はこちら