このエントリーをはてなブックマークに追加  

詐欺の被害にあったらまずは警察へ!

出会い系に限らずですが、詐欺に遭った場合、まず相談すべき先は警察になります。

 

詐欺というのは立派な犯罪ですから、警察に相談して被害届を出してください。

 

また、警察にだけ相談するのではなく、加えて専門家にも相談することをオススメします。

 

その理由の一つは、警察はその話を聞いてくれた担当者によって、知識に偏りがある、ということです。

 

多くの犯罪に対応している警察ですが、出会い系の詐欺に詳しい人はそれほど多くありません。

 

その結果、被害届を出すだけで、そのまま進展しない事がよくあります。

 

詳しい警察官に担当してもらえば良いと思われるかもしれませんが、それは運次第といったところです。

 

警察は、わざわざ詳しい警察官を用意してくれるほど親切ではありませんし、頼んだところで余計な時間を無駄にしてしまいます。

 

警察署では、まずは話を聞いてもらい、被害届を出すことを目的としてください。

 

別に警察を非難しているわけではありません。

 

ただ、このような仕方のない事もあるので、次の手を打ったほうが良いと言いたいのです。

 


また、警察では犯罪の立件、つまりは詐欺師に罰を受けさせることで再犯を防止することを目的としています。

 

それも大事なことですが、被害者としては、誠意のある謝罪と詐欺によって奪われたお金を返してもらうことの方が大事な目的だと思います。

 

このような目的の相違もあるため、全てを警察任せにしていると被害者が思うような結果に至らない可能性も出てきます。

 

では、相談する専門家とは誰になるのか?


被害金額の回収をしてくれる専門家とは?

お金を取り戻したいなら、弁護士か司法書士に相談しましょう。

 

最終的に詐欺師から奪われたモノを取り戻すなら、法の力を借りるしかない、ということがあります。

 

ご自分で相手を特定できたとしても、下手に遣り合うと余計な請求をされてしまう可能性があります。

 

勿論、知り合いの腕っ節の強い人に頼んで取り返してもらったりするなどは、それ自体が犯罪となりかねません。

 

この国において犯罪を対峙するためには、法律を盾とする必要があります。

 

実際、多くの弁護士や司法書士が、出会い系詐欺の加害者から返金できた事例を並べて勧誘しております。

 

インターネットでも容易にページを見つけることができます。

 

ただし、中にはそれほど経験がないにも関わらず、勧誘を行っているページもあります。

 


回収できなかった場合でも着手金を支払わなくてはいけない弁護士や司法書士事務所もあります。

 

出会い系詐欺では、

 

相手を見つけ出すことが何よりも重要であり、それにはその筋の知識と経験が必要となります。

 

業者と直接交渉するならどの弁護士でもできます。

 

しかし、業者を見つけ出す事はそう簡単ではありません。

 

ですから、出会い系サギ被害の相談は、弁護士や司法書士であれば誰でもいいというわけではありません。

 

本当に知識と経験があり、信頼できる専門家への相談が必要です。

 

詐欺被害の無料相談ができる弁護士一覧

 

詐欺の種類によって依頼する弁護士を選ぼう

 

サギ被害にあったらすぐに相談!残された時間は僅か!