このエントリーをはてなブックマークに追加  

相手の顔が見えないネット社会に潜む様々なサギ

インターネットが普及すると同時に、ネット社会でのトラブルは多くなりました

 

人間の欲望が介在する場所に、金銭のトラブルが多く発生することは世の常ですが、ネット社会での金銭トラブルはかなり面倒です。

 

単純にネットショッピングする場合でも、そのお店がどこにあるのか、どのような人が運営しているかなんて分かりませんし、調べようともしませんね。

 

このような状況は、詐欺集団にとっては好都合、好条件なのです。

 

逆に、相手だけでなく私たちのような個人が利用する場合にも、自分を偽ったり、名前を伏せて利用できるのですから、場合によっては都合がいいのです。

 

そんな状況ですから、金銭トラブルにでもなれば、現実社会よりもより解決は困難です。

 

ですから、見知らぬ人同士が気軽に出会えるサイトや言葉巧みに誘導して登録させるサイト、もうけ話でつるサイトにはかなりの注意が必要です。

 

詐欺の無料相談を使ってお金を取り返す方法はこちら

あなたは騙されている!

まず、ネット社会には無数にサギの罠が仕掛けられていることを知ってください

 

確かに、上手く利用すれば、どこの誰だかさえ分からない、出会う事はなかったであろう異性と出会う事ができて、交際または結婚までできた方もいらっしゃいます。

 

しかし、そんないい話ばかりではありません。

 

知りもしない人と出会う事は、危険が付き物です。

 

特に、いつまで経っても会ってくれないなど、そのような相手からお金を貸してほしいなどの要求をされた場合、9割はサギです。

 

貸した方にしてみれば、自分だけが頼みの綱と勘違いさせられて、あとで返してくれるものだと疑いません。

 

返ってこないのがオチです!

 

典型的なケースです。

 

また、これに対して、使った覚えもない、あるいは無料だと記載してあるサイトから請求されるケースもあります。

 

サイトを利用したと巧みな話術や心理的に圧力をかけて信じ込ませます。

 

支払わなくてはいけない」と思ってしまうのです。

 

これもサギです!

 

 

更に、仮に出会い系サイトを本当に利用したとしても、異性が上手くはぐらかして会えない状態で請求された場合。

 

これもサギです!

 

これはサクラサギと呼ばれています。

 

このように、その手口は年々、多様化が進んでいます。

 

その結果、被害者になっているにも関わらず、サギ被害にあっていると認識できずに請求に応じてしまう人も多くいます。

 

詐欺に遭う可能性を減らすためには、どのような手口があるのかを知っておくことが重要です。

 

また、サイトやネット上で知り合った相手からの詐欺に遭った場合、取り返すのが難しいことを知っておきましょう。
そうすれば用心深くなれるはずです。

 

そして、サイトを利用する前、お金を支払う前には、一度立ち止まってください

 

因みに、既にお金を騙されてしまった、高額な請求に応じてしまったという方、すぐに専門家に相談に行きましょう。
その際には、成果によって費用を受け取る専門家にお願いすることをお勧めします。

 

詐欺被害の相談に強い専門家はコチラ

少しでも心当たりがあれば専門家に相談