このエントリーをはてなブックマークに追加  

予期していなかった事が起きたら!

「まさか!」
という事態に既に直面してしまっている方もいるでしょう。

 

その「まさか」の場合には

 

どうしたらいいのか?

 

どうなるのか?

 

これから相続を迎える方にとっても、「こんな事もある」という事を知ってください。

 

予期していなかったケース

  • 遺言書に書かれた不動産がない、別の所有者になっている
  • 遺言書が出てきた
  • 遺言書が複数出てきた
  • 愛人登場
  • 養子がいた
  • 隠し子がいた
  • 消費者金融などからの多額な借金があった
  • 遺言書に見知らぬ名前があった
  • 生前贈与だと言われた
  • 親に無理やり遺言書を書かせていた
  • 親がおじいちゃんの相続時に登記していなかった

 

このようなケースは被相続人の死後に発覚し起こる事です。

 

そして、もめる事態を招く原因、困る事になる原因となります。

 

 


 

  • 争いを防ぐため
  • 困った時には速やかに対処できる
  • 問題を際上限に最小限に治める

 


 

そのためにも知っていただき役立ててほしいと思います。

こんな場合はどうしておくべきか?

特殊な相続や相続人以外の人に遺産を残したい場合など、相続人が異議をとなえたり困る事になる可能性が高くなります。

これを未然に防ぐためにも、財産を残す方には正しい知識を身につけていただきたい!

 

ここでは人の死を原因として悲劇が起こらないためにお話をしていきます。

 

特に、通常とは異なるような相続をしたい方はしっかりと対策をしておく必要があるでしょう。

 

 

  • 相続人とその成年後見人が相続人
  • 相続人に認知症の人がいる
  • 介護してくれた人に遺産を渡したい
  • 愛人との間に子供がいる
  • 愛犬に遺産を残したい
  • ろくでなし息子を相続人から排除したい
  • 相続人の中に行方不明者がいる

 

想像しただけでも何か起こりそうな気がしませんか?

 

そもそも相続では、何も懸念する材料がないのにもかかわらず、争いが起こる事がよくあります。

 

財産を渡す側として、相続人達が困らないように対策をしておきましょう。

 

相続問題に関する専門家への無料相談

 

遺産分割で損をしないために!モメテいる相続の相談は弁護士にする!

遺産相続のトラブルを解決する方法!こんな時はどうなる?記事一覧