このエントリーをはてなブックマークに追加  

不倫相手への慰謝料請求と効果的な制裁方法

不倫(浮気)による慰謝料請求については、裁判上で請求をしない方がよいケースがあります。

 

いくら不倫していることが事実であったとしても、条件を満たしていない場合には、裁判上では慰謝料が取れないこともあるからです。

 

また、裁判にしてしまうと、わずかな額になってしまったり、場合によっては「慰謝料0円」という判決が出てしまうことも・・・。

 

不倫相手への慰謝料請求は、慎重に検討してから対処方法を決める必要があります。

 

まず、裁判上で有利に慰謝料請求を進めるためには、相手との不倫に関する決定的な証拠を揃えていることが最低条件です。

 

もちろん、不倫相手と関係が合ったと読み取れるメールなども証拠にはなりますが、裁判となれば、それだけでは弱いのです。

 

「不倫相手と一緒にホテルへの出入りしている写真」など、決定的な証拠が既に揃っている場合には、裁判による慰謝料請求を検討してよいかと思います。

 

不倫したパートナーに対する慰謝料請求裁判のすべて

 

一方、裁判で戦えるような証拠が揃えられない場合には、違う方法で相手に制裁を与えることを検討しましょう。

 

しっかりとポイントを抑えていけば、裁判外でも不倫相手から慰謝料を取ることは可能です。

 

それでは、不倫相手から裁判外での慰謝料請求方法について紹介します。

 

不倫相手に一筆書かせて示談する

 

裁判外でも、しっかりと証拠を集めて冷静に対処すれば、相手から慰謝料を取ることができます。

 

まずは、不倫相手の身元を判明させましょう。
大抵の場合、仕事関係など不倫相手はパートナーの身近な人です。

 

パートナーの職場の人や友人などにさりげなく調査したり、メールなどから不倫相手に関する情報を収集してみてください。

 

次に、証拠が必要です。
相手に確実に不倫を認めさせ慰謝料を取るためには、必要最低限の証拠は揃えおく必要があります。

 

しかし、関係を認めさせるために相手への追求を早まってはいけません
「不倫していることをばれていない」とパートナーが油断しているうちが勝負です。

 

決定的なものではなくても、不倫相手が「不倫していた」という事実を認めるに足りるものを揃えましょう。

 

例えば、メールやLINEの履歴です。
不倫相手と一緒に映っている写真なども効果的な証拠となります。

 

相手との関係を証明する証拠を辛抱強く集めましょう。

 

なかなか不倫相手に関する証拠を
自分で揃えられない場合には、探偵にお願いするのも一つの手です。
ただし、探偵を雇うとなれば費用がかかります。
費用を抑えられるようにお願いするのがポイントです。

 

探偵の依頼の仕方について詳しくはこちらへ

 

証拠が集まったら不倫相手との交渉の準備へ

 

慰謝料として金銭を請求する場合には、不倫相手との間で、書面を交わしておくことがポイントです。

 

書面としては、誓約書や念書などがありますが、慰謝料を請求するのであれば、示談書を作成しましょう。

 

慰謝料を請求するための示談書に必ず記載しておくことは以下の3つの点です。

 

1.相手が不倫したことを認めさせる内容と謝罪についての記載

 

2.慰謝料の支払いと支払い方法についての記載
※不倫相手が一括で支払えない場合には、分割で支払わせることもできます。
その際には、分割についての詳細を以下のように記載してください。
1.2016年5月末日に金●円支払う
2.2016年6月末日に金●円支払う
3.2016年7月末日に金●円支払う

 

3.不倫関係の終了についての記載

 

★画像の挿入示談書の雛形

 

このような内容を記載した示談書を用意しておきましょう。
それほど難しく考える必要はありません。

 

なお、同時に、不倫相手だけでなく、パートナーに対しても一筆書かせておくべきです。

 

パートナーに対しても慰謝料を請求する場合なら、上記示談書と同様に3つの点を記載した示談書を取り交わしておきましょう。

 

慰謝料の請求がない場合には、二度と不倫をさせないためにも、以下の3点を記載した誓約書を用意して、パートナーに一筆もらってください。

 

@ 相手と不倫したこと(不貞行為の事実)を認めさせる内容と、不倫関係を終了することを約束させる内容
A 約束を破った場合には、慰謝料の支払う旨の内容
B 夫婦間での約束ごとなど

 

不倫相手に請求する示談金について

 

苦痛をお金で表すことは出来ませんが、相手に請求できる慰謝料請求にも相場があります。

 

慰謝料の相場は、50万円〜300万円程度です。

 

なお、相手の資力を見極めることが重要です。
感情任せに高額な慰謝料請求をしても、支払えない相手からは受け取れません。

 

まずは200万円程度の慰謝料を提示して、「相手の出方や状況に応じて慰謝料を減額してあげる」という手段も交渉においては必要です。

 

不倫相手に慰謝料を支払わせるためには、一方的な主張だけでは成立しません。

 

不倫相手との示談交渉の舞台を作る

 

慰謝料の交渉を確実なものとするために、不倫相手との交渉の舞台を用意しなくてはいけません。

 

@不倫相手に直接連絡してアポをとり交渉
A不倫現場に突撃してその場で交渉

 

まずは、不倫相手に直接連絡して、示談に応じてくれるかを確認しましょう。
次に、不倫相手に連絡が取れないようであれば、パートナーと不倫相手が会う場所を突き止めて、現場に突撃する方法も効果的です。

 

相手は言い逃れできない状況となるため、示談に応じる可能性も高くなります。

 

また、不倫相手との交渉が上手くいかなかった場合や、直接交渉することを避けられた場合には、「不倫相手への家族に報告して交渉」という方法も検討してみてください。

 

不倫相手の家族(実家住所)まで分かっている場合となりますが、家族に知られることは避けたいと思います。