このエントリーをはてなブックマークに追加  

先手を打つべきケースとは?

何事も先に分かっているなら手を打っておくべきですね。

 

これは相続にも言える事です。

 

身内同士の骨肉の争い…

 

こんな事は考えたくもないことですが相続では何が起こるか分からないのです。

 

「うちの子供たちに限ってそんなことはない」

 

そうあってほしいものですが、万が一争いとなってしまったら!

 

亡くなった後では間に入って手助けすることができません。

 

そこで、先手を打っておくべきです。

 

遺言書を作成する。

 

何もそこまでしなくても…と思われるかもしれません。

 

しかし、あなたの意思を子供たちに残す事で、トラブルを未然に防ぐ事ができるとしたら。

 

遺言の役割は大きいと思いませんか?

 

特に、会社を継承する場合など一定の事情がある場合には、遺言を遺したほうがスムーズに相続が進みます。

 

  • どんな場合が面倒となるのか?
  • 問題が起こるのか?
  • その対策とは?

 

これまで起こっているケースを例に説明していきます。

人・物・お金、どんな場合に問題は起こるのか?

 

単に「もめる」といっても、その原因が人や物、お金と様々です。

 

例え親族であっても人間対人間、些細な事ですれ違いは起こり、もめ事に発展します。

 

身勝手な人がいたり、ましてや親族以外の他人が登場したら…大紛争が起こる事も容易に想像できます。

 

また、物が原因となることもあります。

 

 

親が生前大切にしていた物を自分が譲り受けたいと思っていたのに叶わなかった。
実家は自分がいずれ住もうと思っていたのに譲ってくれない。

 

これ以外にも物を原因としてもめる事は数多くあります。

 

それは、物が分けられないという性質を持っているからでもあります。

 

そして、お金です。

 

お金

 

人や物が原因でもめることもありますが、最終的にはお金をめぐって争いは起こっているのではないでしょうか?

 

どんなに親の意向を尊重したくても、目の前に落ちているお金を前にしたら人は変わります。

なぜもめるのか??

そんな相続は納得できない!



 

私は自分の主張をする!

 

本当に納得ができないからでしょうか?

 

結局は「お金」に左右されているのだと思います。

 

それを否定するという意味ではありません。

 

むしろ、当たり前の事です。

 

だからこそ、被相続人となる人には事前に対策をしてほしいのです。

 

 

自分の人生に最後まで責任を持つ!

 

それは自分の死後までもきちんと考えて対策してこそ果たせるものだと思います。

 

自分の財産=意思を受け継ぐ子供たちなどが、自分の死後争いを起こしバラバラになるなんてことは望んではいないはずです。

 


  • 既に争いが始まっている場合
  • トラブルとなりそうな場合
  • 困っている場合

 

亡くなった方のためにも適切な処理を速やかにしてもらいたいものです。

 

面倒や問題となる相続では、よくトラブルとなる事例を参考にして対策を紹介しています。

 

是非参考にしていただき、上手に対策や対応をしていただけたらと思います。

 

なお、複雑なケースや自分では解決できない問題が起こりそう、起こっている場合には、専門家の助言を求めて下さい!

 

相続問題の悩みについて無料相談はこちら

面倒や問題となる相続!その対策とは?記事一覧