このエントリーをはてなブックマークに追加  

相続を考えて準備しよう!

相続では、計画性が重要なポイントになってきます。

 

事前に予防しておくことで、スムーズな相続が可能となります。

 

というのも、相続はお金に関わること、という面を忘れてはいけません。

 

なぜなら、お金が絡むと想像もできない事態を招くことがあります。

 

相続と聞くと、相続税という問題を一番に考える方がいらっしゃいますが、それだけではないのです。

 

ケアしておくべき事としては次の3つがあげられます。

 

3つのポイント

 

節税対策

 

納税(相続税)資金対策

 

争族対策

 

どれほど相続税を安く出来るかも確かに重要です。

 

かかる相続税の支払いについても考えておかなくてはいけません。

 

また、お金が関わる事ですから、相続人同士の争いが起こる事もよくあります。

 

そこで、争族対策も重要なポイントになります。

 

 

1億円の現金をそのまま相続するよりも評価の下がるアパートや土地などの不動産に変えておくことで相続税は安く済みます。

 

しかし、その不動産を相続した人に相続税を支払う資金がなければ!?

 

売って売却資金で相続税を支払うという事も起こり得ます。

 

結果、現金のまま相続したほうがよかったのでは?というケースです。

 

また、相続財産が少ない多いに関係なく、相続人の間では争いが起こるケースがよくあります。

 

どんなに仲の良い兄弟姉妹であっても、それぞれの意見が一致するとは限りません。

 

更に、配偶者などが首を突っ込む事もよくあり、兄弟同士がバラバラになるという例も起きています。


それぞれの対策について

どのような対策をしておけばいいのか?

 

節税対策

 

別途紹介しておりますが、事前に対策を練り準備ができるかどうかで大きな差がでます。

 

計画的に準備しておけば、結果的に相続税が半分で済む事もあります。

 

  • プラスの財産を減少させる。
  • できるだけマイナスの財産を増やす。
  • 養子縁組をする。

 

節税対策については税理士などに事前に相談する事をオススメします。

 

納税(相続税)資金対策

 

何の準備もせずに相続が起こってしまった場合、有効な方法としては延納と物納です。

 

相続人となる方に相続税を支払う資金がなくても相続税を納めることができます。

 

ただし、やはり一番得策なのは、相続前に計画を立てて準備しておく事です。

 

事前に準備が可能であるなら、不動産の売却が効果的でしょう。

 

例1 遊休不動産

 

事業用などで取得していた不動産の中で、今現在使用をしていない。

 

将来も使用する予定がないような不動産を遊休不動産といいます。

 

それらをお持ちの場合は売却して売却資金を納税資金対策として利用する事をおすすめします。

 

例2 生命保険

 

生命保険も活用できます。

 

なお、加入に際しては、有効な内容のものに加入して下さい。

 

争族対策

 

我が家には争いなんて有り得ないと、この対策を疎かにしてはいけません。

 

この対策としては、遺言書の作成が一番効果的です。

 

なお、遺言書の作成については、いくつか注意点がありますので、記載方法や遺言の種類についてはチェックしておきましょう。

 

遺言を残そう!

 

a href="http://cosmetic-tsuruya.com/souzoku/">相続問題の悩みについて無料相談はこちら

 

相続税問題!相続税・贈与税の計算方法とは?

 

節税対策には生命保険を活用