出会い系サイトのサクラにだまされない!会うこともできずお金だけを要求してくる

このエントリーをはてなブックマークに追加  

そもそも、サクラとは?

 

桜の様子からつけられています。

 

桜は3月下旬頃にぱっと咲いて、4月中旬までには散ってしまいますね。

 

この様から、一定の時期、その場を明るく盛り上げる人的な意味で使われます。

 

 

これが転じて、露天などで売り手とグルになって客の中に紛れ込む人のことをサクラというようになりました。

 

そしてサクラの役割は、率先して品物を買ってみたり、商品を褒めてみたりするわけです。

 

他のお客さんにも購入する気を起こさせるのが役割です。

 

そして、出会い系サイトにもサクラが存在しています。

 

運営に雇われて、運営者が儲かるようにするのが目的です。

 

つまり、ヤラセと同様。

 

では、出会い系サイトにおけるサクラとは、どのような事か?

1. 出会い系に忍び込むサクラとは?

 

出会い系では、サイト運営者がサクラを用意していることがよくあります。

 

サクラは、一般利用者の振りをした詐欺師です。

 

名前や職業だけでなく、写真だって本人の写真とは限らないのです。

 

それに、性別だって変えることが可能です。

 

実際に会うことがないので、偽ることができてしまうのです。

 

一時期流行った手口としては、男性が女性を装って、性的に男性利用客を誘うことが多くありました。

 

サクラサイト詐欺の手口とサクラの誘い文句

 

2. 出会い系でサクラを使った詐欺の手口

 

出会い系サイトはもちろんですが、ラインやメールを使ってくることもあります。

 

ラインやメールなどに

 

○○だけど覚えてる?

 

などの迷惑メール。

 

皆さんも一度くらいはご覧になったことがあるかもしれません。

 

美貌なイメージで誘うもの

 

(モデルしてますとか・・・)

色気のイメージで迫るもの

(夫と性的な関係がしばらくありませんとか・・・)

お金で釣るもの

(女社長です!!相手してくれたら差し上げますとか・・・)

 

という内容のものもあります。

 

逆に、女性を騙すために、男性を装って女性がメールするというパターンも多く見られます。

 

そして、この逆パターンの被害が最近では目立つようになっているのです。

 

それは単純に、いい加減男性には通用しなくなってきてしまった事が背景にあります。

 

男性が騙されるパターンと同様に、趣味や興味を餌として詐欺行為は行われるのです。

 

例えば、

 

  • 医者なんです
  • 社長なんです

 

社会的ステータスやお金をチラつかせて近づいてくるような内容には注意が必要です。

 

また、モデルやタレントなど、楽しませてくれそうなど、興味をそそって騙すケースもあります。

 

騙すターゲットは、男性から女性へとシフトしてきているのです。

 

また、出会い系サイトを利用した一般の詐欺師にも注意が必要です。

 

個人の詐欺師も、出会いの場を利用して騙してやろうと企んでいます。

 

サクラと同様に、最終的な目的は金銭目当てです。

 

そのため、サクラと言われています。

 

何かしらの理由をつけてお金を用意させ、振り込ませようとするのが手口です。

 

先ほどと同様に、興味や趣味を巧みに利用して近づいてきて、金銭を要求してきます。

 


もし、お金を要求されたら、疑うべきです!

 

特に、一度もあったことのない相手からの要求については、どんな理由であろうと断りましょう。

 

「すぐに返す」「一時的に貸してほしい」などの文句に応じてはいけません。

 

詐欺被害の無料相談ができる弁護士一覧

トップへ戻る