離婚の際に慰謝料を請求できるケースとは?不倫された場合の相場や確実に受け取るための注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加  

芸能人の離婚やテレビドラマなどでは、離婚する際に「慰謝料」が話題になることがよくあります。

 

そのせいか、離婚=慰謝料と思っている人も少なくありません。

 

しかし、実際に慰謝料を受けとって離婚している人はほんの一部です。

 

そもそも慰謝料とはどんな時に請求できるのか?

 

浮気や不倫された場合には必ず慰謝料を請求できるのか?

 

また、慰謝料の金額はいくらが妥当なのか?

 

ここでは、浮気された場合の慰謝料について説明していきます。

1. 離婚の際の慰謝料はどんな時に請求できるのか?

 

離婚理由の多くは、「性格の不一致や価値観の相違」です。

 

性格が合わない、考え方が違うことが理由で離婚する場合には、基本的に慰謝料は請求できません。

 

慰謝料は、「夫(妻)からお金を分けてもらう」という意味ではないからです。

 

慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金です。

 

つまり、どちらかの一方が離婚に至る原因を作り、その一方が深く傷ついた場合に慰謝料の問題が発生します。

 

例えば、浮気やDVで離婚することになった場合。

 

相手の行動によって深く傷ついたことが離婚理由になりますね。

 

このような場合には、相手に謝罪してもらう意味で慰謝料を請求できます。

 

 

2. 浮気された場合には慰謝料は必ずもらえるの?

 

夫婦の問題は複雑です。

 

浮気や不倫された場合でも、慰謝料を受け取れないケースは多くあります。

 

例えば、夫を妻が無視するなど夫婦の仲がとても悪く、一緒に住んでいたとしても夫婦としてすでに終わっていた場合。

 

または、夫婦として一緒に住むことが嫌で別居していた場合。

 

このような場合には、夫が不倫して離婚の原因をつくったとしても、婚姻関係は破綻していたと判断されてしまい慰謝料が認められない可能性は高くなります。

 

つまり、「夫が不倫した原因は妻にもある」ということです。

 

また、不倫をしたという証拠がない場合にも慰謝料の請求は難しくなります。

 

実際に不倫をしていても、その事実を相手は簡単には認めてくれません。

 

認めてくれない相手に対して慰謝料を請求しても応じてくれないでしょう。

 

この場合には、裁判所で慰謝料を請求するしかありませんが、裁判官は不倫の証拠がなければ不倫の事実を知ることはできません。

 

証拠がないことによって、慰謝料が受け取れないことも少なくないのです。

 

相手が不倫したから慰謝料がもらえるわけではありません。

 

慰謝料を受け取るためには、しっかりとした証拠も必要となります。

 

3. 慰謝料に相場はあるの?不倫の場合の慰謝料

 

芸能人などの慰謝料を見てみると、とても高額となっています。

 

実際にはどうかというと、そんなに高額な慰謝料とはなりません。

 

裁判では、慰謝料の金額は個々の事情を総合的に判断して決められます。

 

その判断基準とは、以下のとおりです。

 

  • 離婚に至った原因行為の内容
  • 結婚の期間の長さ
  • 相手方の資力・収入等

 

これらの事情が考慮されて決定されます。

 

離婚に至った原因行為が悪質、結婚期間が長い、相手の収入が多く財産があるなど、条件が揃えば慰謝料は大きくなる傾向となります。

 

一般的な収入において慰謝料を請求する場合、高額な請求をしたところで認められないのです。

 

浮気(不貞行為)の場合の裁判上の慰謝料の相場は、100万円〜300万円くらいです。

 

もちろん事案によっては300万円以上もありますし、逆に50万円程度の場合もあります。

 

個々のケースによって金額は異なるといったところです。

 

不倫したパートナーに対する慰謝料請求裁判のすべて

 

3-1 慰謝料を少しでも高く請求したい場合

 

第三者である裁判所に対し、相手に責任があったことを主張・立証して理解してもらえるかどうかが重要となります。

 

つまり、気持ちや言葉だけでの主張は説得力材料としては乏しく、重要なのは証拠です。

 

たとえば、不倫相手とのメールや二人きりでいる写真、ホテルに出入りする写真など、動かぬ証拠が必要になります。

 

誰が見ても判断できる証拠であれば、裁判所に対しても有用な証拠となります。

 

また、証拠があることを前提にして慰謝料が高額になるケースとしては、一般的には、離婚を前提にして別居したなどの事情がある場合です。

 

他にも慰謝料額を算定する際の判断要素としては、以下のようなものがあるので確認しておきましょう。

 

不倫前の夫婦関係の状態 良好だった方が高額になる可能性がある
不倫後、離婚したかどうか 離婚した方が高額になる傾向
婚姻期間 長い方が高額になる傾向
不倫期間、肉体関係の回数 長く頻繁に会っていた方が高額になる傾向
不倫相手の妊娠・出産の有無 不倫相手が妊娠していた場合や間に子供がいた場合には高額になる
不倫相手との同棲の有無 同棲していた場合には高額になる傾向
社会的地位や資力 収入や財産がある場合、高額の傾向
不倫への積極度 きっかけが配偶者の方からだった場合など、積極的度合いが高ければ高額になる傾向

 

このように様々な要素を総合的に判断して算出するため、慰謝料額はケースバイケースとなっています。

 

慰謝料を請求する場合、不倫(不貞行為)の経緯や状況など、細かくチェックして記録しておくといいでしょう。

 

裁判で使える証拠を揃えておいた方がいいでしょう。

 

 

4. 慰謝料を確実に受け取るための注意点

 


なお、慰謝料を確実に受け取るためには、一括払いにすることです。

 

分割払いにしてしまうと、最初の何回かだけで支払いが終わってしまう事があります。

 

判決や和解調書をもとに強制執行もできますが、後々面倒ですね。

 

4-1慰謝料を分割払いで受け取る場合の注意点

 

もしも、相手の資力の問題から分割払いにする場合には、次のことに気をつけてください。

 

  • 初回の支払額をできるだけ多く設定する
  • 確実に受け取れるような支払い期間や支払い方法にする

 

この点を具体的に決めておきましょう。

 

 

5. 慰謝料には時効はあるの?税金はかかるの?

 

慰謝料の請求期限は、浮気(不貞)行為を知ってから3年間です。

 

なお、行為を知らなかった場合は、行為の時から20年を経過すると時効により消滅します。

 

また、慰謝料には原則として税金はかかりません。

 

ただし、不動産や株券などで支払いが行われる場合、以下のような税金がかかります。

  1. 支払う側には譲渡所得税
  2. 不動産を受け取る側には不動産取得税と登録免許税

 

浮気相手への慰謝料の時効

浮気の無料相談!すぐに相談出来る電話窓口一覧

 

トップへ戻る