B型肝炎は交際相手や結婚相手に伝えるべき?交際相手にうつる可能性はあるの?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

B型肝炎キャリアの方にとって、異性とのお付き合いには不安や抵抗があることでしょう。

 

B型肝炎の感染経路でも説明した通り、血液中にウイルスがいると、精液、腟液や唾液などの体液中にもウイルスが混在しています。

 

したがって、性交渉では感染の危険が高くなるのは間違いありません。

 

また、キスだけでも、絶対に感染しないとは言い切れないのです。

 

カップル

 

このように、体液ですら感染する可能性があるため、お付き合いとなれば相手にうつしてしまうかもしれないという不安は大きくなるでしょう。

 

いやでも、付き合っている相手には打ち明ける必要はあります。

 

ここでは、B型肝炎キャリアの方が交際する場合、どんなことに気をつけていけばいいか、どのように相手に伝えたらいいかを説明します。

 

1. 交際相手にB型肝炎のことをどう話したらいいのか?

 

打ち明けることは怖く抵抗があることでしょう。

 

相手に伝えるべきかどうか?で悩むはずです。

 

しかし、相手の方との将来を考えている、大切に思うのであれば伝えるべきです。

 

そのタイミングも、早ければ早い方がいいです!

 

出来ればお付き合いする前に話す方がいいでしょう。

 

いつ話そうが、そのことが原因で付き合うのをやめようと言われてしまえば傷つくのは自分です。

 

後になればなるほど傷は深くなります。

 

話すタイミングも分からなくなってしまいます。

 

ただ、まだまだ世間ではB型肝炎については知識不足の方が多くいます。

 

知識の普及の遅れがあるため、病気に対しての偏見は残念ながらあります。

 

そのため、全員が全員とは言いませんが、やはり差別される方もおります。

 

それが交際相手となれば、尚更です。

 

「自分にも感染するのではないか?」という不安を抱いてしまうのは仕方がないことです。

 

そこで、お付き合いしている相手に伝える時は、

 

自分がきちんと病気と向き合う
正しい知識

 

この2点を備えておくことが必要です。

 

パソコンで検索

 

正しい知識をふまえたうえで、B型肝炎ウイルスは感染予防が可能なこと、ワクチンを打つことを伝え、理解を得られるように説明していきましょう。

 

それでも、 きっと相手の方は最初は戸惑うかもしれません。

 

しかし、相手もあなたのことを心から大切に思って大事にしてくれる人であれば、受け止めてくれ、病気についても一緒に考えてくれるはずです。

 

B型肝炎問題に強い専門家の一覧はこちら

2. キャリアの方との交際について!ワクチンで感染を防ぐ!

 

パートナーがキャリアであり自分が抗体をもっていない場合、感染の恐れはあるの?

感染の危険があると言えます

 

 

しかし、この場合はワクチンを受けることで感染を防ぐことができます。

 

予防方法はA型肝炎と同じく、「ワクチン」や「免疫グロブリン」を注射する方法です。

 

この予防によって、パートナーがキャリアで自分が抗体をもっていない場合でも、感染のおそれはなくなります。

 

性行為による感染の心配もなくなります。

 

なお、予防接種は3回必要となります。

 

B型肝炎のワクチンは他のワクチンに比べても安全なものです。

 

キャリアの方との交際についてはワクチンで感染を防げると言えます。

 

不安な気持ちはあると思いますが、。正しい知識を持っていればキャリアの方との交際も互いに支えあえながら進めていけはずです。

 

もしかしてB型肝炎かもと思ったらこちらをお読みください

トップへ戻る