このエントリーをはてなブックマークに追加  

商売としてお金を貸す場合には従う法律がある

世の中にはルールがあります。

 

それに従わなければ、処罰の対象となります。

 

これは貸金業者も同様です。

 

しかし、そのルールを無視して貸金業を行う業者がいます。

 

そのような金貸しを闇金融と言います。

 

そもそも、金貸しにも種類がいくつかあります。

 

銀行や信用組合、信用用金庫だとかもありますね。

 

銀行と闇金とは何が異なるのか?

 

このような業種は、現在では金融庁に厳しく管理されています。

 

貸し出した相手と同時に、貸し出す元手を出してくれる人を保護する必要があるからです。(銀行であれば預金者です)

 

ですから、厳格な管理のもとで業務を行っています。

 

たまに個々の職員による不祥事が報道されることがあるものの、会社ぐるみで違法な貸し出しを行っていることはまずありません。

 

これに対して、

 

資金の出所を問わず、お金を貸し出す商売もあります。

 

これを貸金業者と言います。

 

銀行などのように厳格な管理とまではいかず、規制が緩くなっていますが、貸金業を行う上でのルールは守っています。

 

これらが、一般的な金貸し業者です。

 

しかし、闇金融は違います。

 

金貸し業務に必要な登録も行わない

 

貸付や回収の際の法律のルールも守らない

 

勝手に独自のルールで金貸しを行っているんです。

 

闇金の無料相談を受ける場合に注意することはコチラ

闇金の実態とは?違法な業務とは?

例えば、

 

出資法に定める上限金利を超過した金利でお金を貸すことは、これは処罰の対象となります。

 

闇金では当たり前のように行われます。

 

 

取り立て

 

お金を返してもらうよう請求することです。

なぜこのような違反な業者が成り立つのでしょうか?

それは利用する人がいるからです…

 

夜中に取り立てに来るだとか、やってはいけない違法な取り立てを行います。

 

更に、元金と金利を返したのにも関わらず、様々な名目での支払いを要求してくる事もあります。

 

もはやここまで来ると、なんでもありといった感じです。

 

普通に考えれば信じられない話ですが・・・

 

誰に脅されるわけでもなく、強要されるわけでもなく、自分の意思で闇金からお金を借りている人がいるのです…。

 

なぜそんなリスクがあるのに闇金から借りるのでしょうか?

 

その多くの理由が、「他ではもう借りられないから」という理由です。

 

けれど、そんな状況で更にお金を借りても何の解決にもなりません。

 

まして闇金となれば、その先は真っ暗です。

 

違法な金利に悩まされるだけでなく、違法な取り立てに追い込まれるのが落ちです。

 

仕事を失ってしまう可能性だってありますよ。

 

両親や兄弟だけでなく、親戚などにも迷惑がかかることだって容易に予想できます。

 

取れるところから取るのも闇金です。

 

万が一、利用を考えているのであれば、絶対にやめてください。

 

闇金問題の相談に強い専門家はコチラ