妻が宝くじに当せん!夫婦のものになるの?

日頃「旦那の給料は夫婦のもの」と言っている妻が宝くじに当せん。

宝くじも夫婦のものか?

taiarakuji  

妻は専業主婦で、常々「内助の功(こう)で、あなたの給料に貢献しているのだから、あなたの給料は夫婦のものよ。」と言っています。

ある日妻が買ってきた宝くじが、1000万円の大当たりをしました

妻は「私が買って当たった宝くじだから、私のものよ。」と主張し、私には1円も渡さないつもりのようです。

給料は夫婦共有のものと言うのでしたら、当然私の給料で購入した宝くじの当せん金も夫婦共有のものではないでしょうか? 当せん金をめぐって夫婦の間でもめています。

夫婦間で解決できないトラブルはこちら|【電話もOK】弁護士に無料相談できる!法律専門家の一覧全国版

妻だけの財産??

当せんした宝くじは夫婦共有の財産になるのか、それとも妻だけの財産になるのか・・・。

妻が言うように、夫婦で協力して、築き上げた財産や取得した財産は共有財産というふうに考えるのが一般的です。

わかりやすく言えば、夫が働いて、妻が専業主婦であれば、妻は外で仕事はしていないけれど夫を支え、家事や子育てなどをしているので、2人の協力によって得た財産が共有財産ということです。

例えば2人の協力で得られたお金でテレビを買ったのであれば、それは共有財産になります。

これに対し、「特有財産」というものがあります。

特有財産とは

具体的には、妻が結婚する時に持参した嫁入り道具や自分の両親の財産を相続したという場合、その財産も妻の特有財産です。

結婚生活の中で、夫婦お互いに協力して得た財産ではなく、自分がもらったものなので、それを夫婦で共有する必要はないというものです。

例えば離婚した場合に財産分与を行いますが、共有財産は財産分与の対象の財産になり、夫婦で半分ずつ分けるということになります。

一方、特有財産は共有財産ではないので、離婚した場合でも分ける必要はありません。

宝くじも給料同様、夫婦の共同生活から生まれたものなので、共有財産になるような気がします。

しかし、よくよく考えてみると、日々内助の功(こう)で夫に貢献しているのと違って、宝くじは偶然性の高いもので、内助の功(こう)とは無縁のものです。

宝くじはどうなるのか?

夫婦が互いに協力して得た財産ではないため、宝くじは共有財産と言えず、購入した妻の特有財産になります

残念ですが、今回のケースは、夫から妻に分け前の請求はできないことになります。

これがもし、夫婦で共同出資したのであれば、夫婦の共有財産になります。

50万円以上の当せん金を受け取るためには、健康保険証や運転免許証など本人確認の書類と印鑑が必要です。

宝くじを夫婦で共同購入していて当せんした場合は税金の問題が発生しますので、注意が必要です。

例えば妻が当せん金を受け取って、それから夫に分配するという方法を採ると「贈与」とみなされてしまいます。

贈与税がかからないようにするには、面倒でも先に述べた、健康保険証や運転免許証など本人確認の書類と印鑑を持参して、受取手続きを夫婦で行う必要があります。

当せん金付証票法

宝くじが当たった場合、「当せん金付証票法」という法律があり、13条によれば当せん金に所得税はかかりません

高額当せんすると、うれしくなってついつい大判ふるまいをしたくなるかもしれません。 しかし、110万円を超す当せん金を渡すと、贈与税がかかりますから注意が必要です。

贈与税は、1月1日から12月31日までの1年単位で算出されますので、もし配偶者に110万円を超えて分け与えたいという場合には、毎年少しずつ分配するようにすればいいのではないかと思います。

宝くじが当たったがためにトラブルが起きたなどという話もよく耳にします。

今回のケースのように、本来ならばハッピーなことなのに、お金の話は難しいですね。

宝くじに当たったら、たくさんでなくてもいいのです。

いつもお仕事を頑張っているご主人に「これ、お小遣いにして」と「お福分け」すると、独り占めするよりももっと幸せになれるかもしれません。

お金は幸せな人のところに集まると言いますから、また「宝くじに当たる」などいいことが起こるかもしれませんよ。

夫婦間で解決できないトラブルはこちらを参考にしてください|【電話もOK】弁護士に無料相談できる!法律専門家の一覧全国版

コメントを残す

サブコンテンツ