おつりを多く受け取りそのまま黙ってもらったら罪になる?

おつり

近所のコンビニエンスストアの店員さんはおつりをよく間違えます。

わずか10円から100円の範囲内なので、あえて指摘するのもどうかと思い、いつもそのままもらって帰ります。


おつりを多くもらったら罪になりますか?

自分が間違いに気づいているかどうかによりますか?


人をだまして金銭や物品を受け取る行為を詐欺罪と言います。

刑法第246条によると、これは「10年以下の懲役に処する」となっています。

だますつもりはなかった、店員が間違えたのをそのままもらってしまったのだ、と言うかもしれません。

「ただ黙っていただけだから罪になんかならない。」と思っていませんか?

これは大きな誤りです。

店員が間違えたのを知りながら、それを知らせないで、余分なお金を受け取ってしまったのですから、これは詐欺罪になるのです。

詐欺罪!!

何もしていないのになぜ詐欺罪?と不思議に思われるかもしれませんが、その場でおつりが多いことに気がついたときは、社会通念上「おつりが間違っていますよ」と、それを店員に伝える義務があります。

何も言わないでそのまま受け取ってしまう行為は詐欺行為とされてしまうのです。

このケースではおつりを受け取った段階で、間違いに気づいていましたので、正直に言うべきだったのです。

もうひとつ、これと似たケースに、間違えて多くおつりをもらっていたのに気づかず、家に帰ってから気づいたというものがあります。

家に帰って家計簿をつけていたら、お金が多かったこと、ありませんか?

お店には申し訳ないけど、わざわざ返しに行くほどでもないか、と貯金箱に入れてはいませんか?

これは、受け取った時点でおつりの間違いに気づいていないのですから、そのことを店員に告げることはできず、詐欺行為とはなりません。

しかし、「占有離脱物(遺失物)横領罪」に問われることになります。

「占有離脱物(遺失物)横領罪」は、例えば、道で拾ったお金を自分のポケットに入れたというようなもので、この場合、店(店員)の意思に基づかずに店(店員)の手を離れたおつりを自分のものにしていることから成立するのです。 面倒でも、きちんと店に行って「おつりが多かったですよ」と返せば、店からは感謝されるでしょう。

もし自分が気づかないうちに、「詐欺罪」や「占有離脱物(遺失物)横領罪」という罪を犯しているとしたら…。 

とても残念なことです。

それから時々耳にするのが、店員が間違えることを期待して、わざと一万円札や五千円札を出しておつりをごまかしたという話です。

これはもう明らかな詐欺罪です。

よくお年寄りが経営している小さな商店やレジスターのない古い商店を狙って行われているようですが、警察に現場を押さえられて現行犯逮捕されたケースもあるようです。

自分が被害に遭うのを防ぐことは大切ですが、日常生活で起こりがちなおつりの間違いなど、無意識のうちにあるいは軽い気持ちで自分が罪を犯すことがないようにしたいものです。

自分の行動によって、他人に損失を与えないということを、心がけておくべきでしょう。

お金の間違いは、気持ちの悪いもの

一時的には「もうかった!」と思う人も中にはいるかもしれませんが、悪いことをしたという痛みが心のどこかに残るでしょう。

目先の小銭に振り回され、微々たる利益を手に入れるため他人を不幸にし、信頼を築くことができないのは本当に損な生き方だと思ってしまいます。

問題なくお金のやりとりができていたら、何もないのでしょうが、おつりを多めに渡されて、そのお金をきちんと申告して返すだけで、こちらは1円の損もなく、なおかつ相手に喜ばれ感謝されるのです。

お互いに笑顔でちょっといい気持ちになれます。 正直に申告して、気持ちよく買い物をしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ