このエントリーをはてなブックマークに追加  

何の準備もなしに離婚届を付きつけるのはNG

早く今の状況を打開したい!
そう思うとすぐにでも離婚届を付きつけてしまいたい!

 

そのお気持ちは分かります。

 

不倫を原因に離婚を考えるのであれば、急いで離婚を決めてはいけません。

 

急いで事を進めてしまうと後々大変な事になります。

 

冷静に落ち着いて、離婚後の再スタートが上手く切れるように準備をしましょう。

 

特に、子供がいる場合、生活するにはお金の事を考えておかないといけません。

 

 

 

まずは離婚後の資金などについて確認しておきましょう。

 

離婚後の資金

 

毎月必要な生活費を考える

 

離婚すれば夫の収入は無くなります。生活費や家賃など、月にいくら必要になるか計算しましょう。

 

貯金を確認する

 

夫婦で貯めた貯金がいくらあるか?確認しておきましょう。

 

夫(妻)の収入と預金口座、財産を把握する

 

相手の個人の預金や不動産があるかどうか?をチェックしておきましょう。

 

離婚後の生活用に自分名義の銀行口座を作る

 

就職し、収入源を確保する

 

主婦業やアルバイトだった場合、離婚後の生活を考えて就職先を探しましょう。

 

離婚後の住まいに目星をつける

 

自分が家を出て行く場合、実家に戻るかどうか?

 

引っ越し先の目途を付けましょう。

 

子供がいて引き取る場合などは、親の近くに住んで、協力してもらう事を考えて下さい。

 

生命保険の受取人を確認する

 

自分の生命保険や相手の生命保険の受取人が誰になっているのか?

 

再度確認しておきましょう。

 

請求するお金を考える

 

  • 慰謝料
  • 財産分与
  • 養育費
  • 年金分割
  • 退職金など

 

相手に請求できるお金についてしっかり考えて下さい。

 

このように、離婚を考えるとなるとそれなりにやる事が出てきます。

 

なお、いきなり離婚を突き付けてしまうと、相手に財産を使われたり隠されたり、離婚原因の証拠を隠されたりと面倒なケースとなる事もあります。

 

相手にはなるべくギリギリまで離婚を匂わせず、着々と準備を進めて下さい。

 

浮気の無料相談!すぐに相談出来る電話窓口一覧

 

慎重に冷静に!証拠を集めよう

スムーズな離婚の方法

離婚するのは簡単ではありません。

 

面倒な事ばかりです。

 

また、不倫などによる離婚の場合、エネルギーを消費します。

 

そこで、まずは心の準備をしておいた方がいいでしょう。

 

ただ、その前にもう一度考えてみてください。

 

離婚は人生の一大事でもありますから、冷静な判断は必要です。

 

本当に夫婦関係は修復不可能なのか!?

 

もう一度冷静に考えてからでも遅くはないのです。

 

 

その際に一人で悩みを抱え込んではいけません。

 

親や友だち、第三者に相談してみるのもいいでしょう。

 

それでもやはり離婚!

 

という決断をしたのであれば、ここから離婚への準備に入りましょう!

 

離婚への準備

 

@覚悟を決める

 

離婚は肉体的にも精神的にも疲れます。

 

気持ちをきちんと整えて、覚悟を決めておきましょう。

 

A法的知識を備える

 

離婚の際には、住居・お金・子どもの問題などが出てきます。

 

離婚を有利に進めるためにも、離婚に関する法的知識は必要です。

 

離婚にも協議・調停・裁判離婚といった手続きもあります。

 

  1. 慰謝料
  2. 財産分与
  3. 親権
  4. 養育費
  5. 面会交流
  6. 年金分割など。

 

離婚に関する法的知識も必要となります。

 

自分で調べる事もできますが、専門の弁護士に相談したほうがより早く理解できます。

 

有利に進めるためのアドバイスを受ける事ができるでしょう。

 

B夫婦の財産の把握

 

先ほども説明しましたが、夫婦の財産だけでなく、相手の財産なども確認しておきましょう。

 

また、不動産や車、有価証券や保険、住宅ローンなどの名義は誰になっているか?

 

財産分与や慰謝料を決める際には財産の把握が必要ですので、コピーなどを取っておきましょう。

 

プラスの財産だけでなく、マイナスの財産についてもチェックしておきましょう。

 

C証拠収集

相手の浮気が原因の場合、証拠収集も重要です。

 

 

確実な証拠を得て慰謝料をきっちり取るためには、探偵事務所などに依頼する事も考えて下さい。

 

D慰謝料や養育費

 

慰謝料や養育費が決定したら、特に分割払いの場合には、公正証書などにしておきましょう。

 

調停・審判・裁判のいずれかで離婚が成立した場合

 

公正証書を作成していた場合、支払いが滞っても調書や判決をもとに強制執行をすることができます。

 

とにかく、口約束だけはNGということです。

 

離婚後、決めたはずの慰謝料や養育費が支払われないというケースは多くあります。

 

きちんとした書面がなく、口頭だけではどうにもなりません。


強制力のある書面を作成しておきましょう!

E生活設計を立てる

 

女性の場合、婚姻時は主婦で無職であったり、パートやアルバイトだったという方が多いと思います。

 

しかし、離婚して子供を連れて引っ越す事になれば、生活費を確保しなくてはいけません。

 

新居先の敷金礼金や新生活開始のための初期費用など、離婚直後に最低限必要な資金は確保しておきましょう。

 

また、母子家庭のための福祉制度等を利用するなど、より具体的な資金計画を立てて下さい。

 

さて、こうやってみると離婚の準備は色々と大変です。

 

けれど離婚すると決めたなら、できるだけスムーズにスッキリ離婚したいものですね。

 

その後の生活を支障なくやっていけるよう、準備はしっかりおこなって下さい。

 

そして、新しい人生をスタートさせて下さい!

 

浮気の無料相談!すぐに相談出来る電話窓口一覧

 

【電話一覧】離婚についての無料相談!今すぐできる専門家の窓口

 

相手の収入が頼りのため別居できない!別居中の生活費を確保する方法

 

離婚する場合の親権とは?

新しいスタートに向けて!離婚の準備は万端に!関連ページ

関係の修復は可能か?
証拠を集めよう