このエントリーをはてなブックマークに追加  

旧姓でもそのままでもOK

離婚するにあたり考えておきたい事として、姓の問題があります。
子供がいないような場合、殆どの方は旧姓に戻るでしょう。
しかし、子供がいる場合、結婚中の姓を名のるか?それとも旧姓にするか?悩むところです。

 

そもそも姓については、結婚に際して、どちらかが相手側の姓を名のる事になります。
そして、離婚した場合には、元の姓に戻るのが原則です。
ただし、「離婚の際に称していた氏を称する届」を届出すれば、結婚中の姓をそのまま使用する事ができます。

 

この届けをする場合、離婚届けと同時か離婚の日から3ヶ月以内に届出して下さい。
届出がない場合には、自動的に旧姓になります。


少しややこしい戸籍について

さて、戸籍はどうなるのでしょうか?
まず夫婦(親)についてみていきましょう。

 

結婚した時、夫婦2人の戸籍が作られます。
そして、離婚となれば、姓を改めた方はその戸籍からは除籍となり、姓を改めなかった方はそのままの戸籍に留まります。

 

また、姓を改めた方が旧姓に戻る場合には、原則として結婚前の戸籍に入籍することになります。
但し、既に両親の死亡などで戸籍が消滅してしまっていた場合は、新たに戸籍を作ることになります。

 

更に、本人の意思によって新戸籍をつくることもできます。
結婚中の姓をそのまま名のる場合にも新戸籍を作ることになります。

子供について

では子供についてはどうなるか?

 

基本的には離婚しても子の姓は変更されません。
そして、戸籍筆頭者の戸籍に残る事になります。

 

しかし、父親が戸籍筆頭者で離婚し、母親が引き取り旧姓に戻った場合に問題が生じます。
というのも、妻が旧姓に戻っても子は父親の戸籍に残るため、母親と子供の姓が異なってしまいます。
これだと不都合が生じる事もあるでしょう。

 

そこで、子を母親の戸籍に入籍させて、母親の姓を名乗らせる手続きがあります。
それが「子の氏の変更許可申立」です。

 

家庭裁判所に申立てをすれば、 同一の戸籍に入籍が可能となります。
なお、この申立ては子供が15歳未満なら親権者がおこない、15歳以上の場合なら子供本人の判断でできます。

 

また、離婚しても姓をもとに戻さず婚姻中の姓を名のる場合、子供の姓と同一となります(子供は戸籍筆頭者の戸籍に残るため)。
しかし、姓は同じでも、戸籍は母親と子供で別となります。
そこで、戸籍も同じにしたい場合は、やはり「子の氏の変更許可申立」を行い、子の氏の変更手続きをしなくてはいけません。

 

つまり、離婚後に戸籍を抜けた親については、そのままにしておくと、仮に子供と氏が同じでも戸籍は別のものになっている、という事が生じる事になるのです。

 

少しややこしい話になりましたが、戸籍についてはあまり知らない人も多くいることでしょう。
詳しい事や手続きについては市役所などで教えてくれます。
一度話を聞きにいくといいでしょう。

 

離婚に関する問題はすぐに相談