このエントリーをはてなブックマークに追加  

離婚するにあたっての様々な問題

離婚する前にはいくつかの問題や不安があることでしょう。

 

  • 子供のこと
  • 経済的なこと
  • 就職のこと
  • 財産分与のこと
  • 年金のことなどなど…

 

これらを、曖昧にしたまま離婚すると後々後悔する事にもなります。

 

特に、熟年離婚の場合、女性の方には経済的な問題が出てきます。

 

離婚後、再就職などを考えても年齢の壁があり、思うように収入を得るのが難しいところです。

 

そこで、生活の糧となる、年金や離婚に伴う財産分与は重要です。

 

夫の退職金や年金についても、分割して受け取る事が可能な場合があります。

 

「そんなの知らなかった」という事態を防ぐ為にも、しっかり把握しておきたいところですね。

 

 

また、まだまだ手がかかる子供がいれば、自分が引き取るのかどうか?
養育費はいくら請求できるか?

 

子供についてしっかり考えて準備しなくてはいけません。

 

それに子供がいなくてもパートやアルバイト、主婦だった場合には、

 

  • 離婚後の経済的な事
  • 自分が家を出る場合の新居の事

 

離婚するための準備はしっかりおこなっておくべきです。

 

そこで、お役に立てるような基本的な知識をいくつか紹介していきます。

 

離婚後、安心して生活を送れるように、目の前の問題を一つずつクリアにしていきましょう。

熟年離婚の方は要チェック!

退職金が支払われるまでは何年も先…でもその退職金も財産分与の対象になるのか?

 

結論から言うと、対象になる場合もあります。

 

しかし、離婚と同時に退職=退職金が支払われるなんて都合のよい事は殆どありません。

 

多くの方は、退職金が支払われるまでは何年も先…の事、という状況だと思います。

 

また、退職金は会社の経営状態なども影響します。

 

何年、何十年も先の事だけに、確実に支払われるという保証もありません。

 

このような場合、退職金を一律して財産分与の対象としてしまうのは問題です。

 

そこで、退職金が財産分与の対象となるためには、退職金の支給が確実である!という条件が必要です。

 

つまり、若年離婚で、退職はまだまだ何十年も先の場合、基本的には退職金の分割は難しくなります。

 

若年離婚であっても、転職などで数カ月後に退職が決まっている場合

 

このような場合には、財産分与の対象として認められる可能性は高くなります。

 

なお、退職金ですが、財産分与の際には全額が対象となるわけではありません。

 

婚姻期間などによって、決定されます。

離婚前に退職金が支払われている場合はどうなるのか?

 

退職金は財産分与の対象になります!

 

そして、分割の金額は、婚姻期間や退職金の形成に配偶者がどの程度の貢献をしたか(寄与期間割合)などで決定します。

 

ただし、既に支払われてしまっている場合には注意が必要です。

 

そもそも退職金が残っているか?

 

例えば、何年も前に退職金を受け取っていた場合などは注意です。

 

既に使ってしまって無くなっているケースもあります。

 

こうなると、退職金(財産)が存在しないわけですから、財産分与の対象にならない事もあります。

 


予め、配偶者の退職金の所在を確認しておくといいでしょう。

 

年金はどうなる?分割制度とは?

 

【電話一覧】離婚についての無料相談!今すぐできる専門家の窓口

離婚を決めたはいいが…まだまだ悩みや不安が…記事一覧