このエントリーをはてなブックマークに追加  

こんな表現ではトラブルを招く

遺言書を残す最大のメリットは、トラブルを回避してスムーズな相続を可能とする事だと思います。

 

しかし、専門家のアドバイスを受けずに作成した場合、意味のない遺言書となってしまうケースが多いのも現状です。

 

 

相続

 

この違いが分かるでしょうか?

 

遺言書として正しいのは

 

A○○銀行、○○支店、口座番号1234567については

妻に与える

 

では@はどうでしょう?

 

任せるという表現は色々な解釈ができ

任せる=与えるとはなりません。

 

また、「お願いする」というような表現も同様に明確ではありませんね。

 

よって、@では解釈の違いが起こり、問題となります。

 

更に、表現方法について言えば、

 

相続

 

これでは○○銀行○○支店に複数の口座があった場合はどうなるのでしょうか?

 

  • 半分ずつなのか?
  • 長男に多く渡したいのか?

 

明確ではありませんね。

 

このように、遺産についても具体的に明記する必要があります。

 

相続させる人についての記載も同様です。

 

  • 相続人の誰に?
  • 相続人以外であればどこの誰に?

 

きちんと、明確に特定できるような記載が必要となります。

 

遺言内容についての注意をおさらいすると、

 

誰に?
何を?
どう与えるのか?
誰が見ても特定できる表現にしましょう!

争いの原因となる遺言内容とは?

せっかく用意した遺言が有効に活用される為にも、いくつか注意点を紹介します。

 


 

  • 遺留分を侵害しない
  • 遺言内容を決めた経緯について理由を記載(付言事項)
  • 遺産の一部が抜けていないか?遺産全ての分割方法を指定
  • 胎児に相続させる場合には死産だった場合についても記載
  • 遺贈と相続という表現に注意
  • 個人事業の場合には、事業経営に関わる資産は特定のものに承継
  • 遺言によって特定の者を排除する場合には、遺言執行者を指定
  • 相続権のない孫や内縁の妻に遺産を残す場合には、「遺贈する」と表記
  • 祭祀財産を承継する者に対しては、墓地の管理料や法要などの費用分も遺産から相続させる
  • 遺言で保険の受取人を変更した場合、受取人となる相続人に対して「保険会社にその旨を伝える」と記載しておく

 

このような点に注意して遺言を作成してもらいたいと思います。

 

そもそも遺言が法律上有効なものである必要があります。

 

意思能力が欠けるものによる遺言
遺言書の書式の要件を満たしていない遺言書は無効となります。

 

注意して慎重に作成しましょう!

 

相続問題に関する専門家への無料相談