このエントリーをはてなブックマークに追加  

子供がいない相続での落とし穴

近年では、結婚=子供を産むという方程式は崩れつつあり、家族という形は多様化しています。

 

私の周りでも子供がいない夫婦は珍しくないといった状況です。

 

このような世帯の場合、相続ではどうなるのか?

 

夫が亡くなれば子供のいない我が家。



妻である私に全財産が入る!

と思われていませんか?

 

しかし、何も知らないでいると、思わぬ事実に直面することになります。

 

子供がいないケースでよくあること

  • 夫の姪や甥が相続人として出てくる。
  • 夫の姪や甥などには一度も会ったこともない!

 

会ったこともない人になぜ夫の財産が?といった事態に…。

 

ここでまず確認しておきたいのが、法定相続人となる人は誰なのか?

法定相続人となる人とは

子供なし夫婦の場合の相続分をみていきます(夫が被相続人)。

親が健在

被相続人の親が3分の1

 

配偶者が3分の2

親はいないが兄弟姉妹がいる

被相続人の兄弟姉妹が4分の1

 

配偶者が4分の3

親兄弟はいないが甥・姪がいる

甥や姪の相続分は4分の1

 

配偶者が4分の3

 

親兄弟はいないが甥・姪がいるケースは要注意です!

 

  • 親兄弟は既に亡くなっている
  • 夫の兄弟も高齢で既に亡くなっている

 

しかし、兄弟の子である甥や姪がいるケースは多くあるのです。

 

兄弟の子である甥や姪は相続権を失った親(被相続人の兄弟)に代わって相続できるのです。

 

これを代襲相続人といいます。

 

同等の法定相続人とされ、相続分も同様となります。

 

甥や姪の相続分は4分の1、配偶者が4分の3となります。

 

相続の際には被相続人の隠し子や前妻との間に子がいることが発覚することもあります。

 

見知らぬ子であっても、子供は法定相続人であり、遺留分もあります。

 

この場合遺言で配偶者に全てを残す内容を残しても、2分の1の財産が子に相続され、配偶者は2分の1の財産を相続することになります。

 

【参考ページ】

遺言書の内容に納得できない!遺言とは異なる相続はできる?

 

配偶者に全財産を相続させたいなら遺言書を残そう!

法定相続人がいる場合には、

配偶者はすべての財産を相続することは不可能なのか?

不可能ではありません。

 

配偶者に全財産を残したいと考える方は多くいます。

 

また、残された配偶者も被相続人に親や兄弟がいない状況とあれば、残された自分に全ての財産が入ることを望まれている方が多くいます。

 

親や兄弟ならまだしも、あまり交流も親交もない姪や甥に財産がわたるのは「チョット…」と思われるようです。

 

このような場合、配偶者に全財産を確実に渡せるのが遺言です。

 

 

但し、遺留分の問題が出てきます。

 

親が健在の場合は遺留分がありますので、全財産とまではいきません。

 

しかし、被相続人の親が既に亡くなっており、隠し子などがいない場合であれば、遺言によって全財産を配偶者に残すことが可能です。

 

なぜなら、遺留分があるのは親だけとなります。

 

被相続人の兄弟や甥や姪には遺留分がありません。

 

つまり、遺言で配偶者に全財産を残すとされていれば、それに従うことになります。

 

子供がいない場合



配偶者だけに財産を残したいと考えるのであれば、遺言書の作成をお勧めします。

 

相続をしっかりと自分の意思で財産分与をしたいというのであれば遺言書を作成する必要があります。

 

遺言書をの残そうと思った場合様々な法律的な知識も必要です。

 


  • 遺言の正しい書き方
  • 相続に関する悩み

 

このような時は一度専門家に相談しましょう。

 

相続問題に関する専門家への無料相談