このエントリーをはてなブックマークに追加  

借金の相談は専門家に!相談先を選ぶ際のポイント

住宅ローンの返済が滞ってしまったり、消費者金融への返済がきつくなり始めて専門家への相談を考えている方。

 

借金の相談は、相談する相手によって大きく異なります。

 

特に、弁護士と司法書士、どちらに相談したら良いか迷われている場合。

 

弁護士と司法書士ではできる業務が全然違います。

 

それぞれの仕事内容をよく理解した上で相談相手を決めるべきです。

 

両者の違いを説明しますので、自分にあった相談先を選んでアドバイスを受けてください。

 

相談相手を選ぶ前に司法書士と弁護士の違いを知っておく

借金相談は、弁護士以外にも司法書士も行っています。

 

多くの方は、安く済ませたいと考えて、弁護士よりも費用が安い司法書士を選ぶようです。

 

しかし、費用だけを見て選んでしまった結果、失敗するケースもあります。

 

弁護士と司法書士の違いを知っておきましょう。

 

司法書士は限られた範囲でしか債務整理の業務を行えない

 

借金解決の方法には、いくつかあります。

 

一番簡単な手続きとなるのが、債権者との交渉のみで和解をして支払い条件を決める任意整理という方法です。

 

ほかにも、個人再生や自己破産という裁判所で手続きをおこなう解決方法があります。

 

こういった借金の解決方法のことを債務整理と言いますが、司法書士はすべての手続き、業務を行えるわけではありません。

 

債務整理に関しては、司法書士は業務の範囲が限られているのです。

 

例えば、任意整理の場合、司法書士が扱えるのは1社につき140万円以下の借金に限られています。
それを超える金額については、債権者と交渉するだけでなく、相談を受けることもできません。
また、裁判所で手続きをする個人再生や自己破産に関しても、代理人として業務を行うことができません。

 

司法書士は申し立てをする前までの申立書類等の準備をサポートできるだけです。

 

具体的に言えば、書類作成であったり、必要書類の指示であったりなど…。
司法書士に依頼して実際に申し立てることになれば、本人が裁判所に行って申し立てをすることになります。

 

だから弁護士に比べて司法書士の方が費用が安くなっているのです。

 

一方、弁護士は、任意整理の1社につき140万円以下という金額の制限などありません。

 

裁判所で行う手続きに関しても代理人となって解決のサポートができます。

 

弁護士には制限がない

 

代理人として書類作成から申し立て、裁判所に呼び出された際の出頭まで、すべてを行えます。

 

全ての借金解決の手続きができるため、個々に応じたアドバイスや解決へのサポートができるのは弁護士です。

 

自己破産や住宅ローンの滞納のために個人再生を考えている方は、迷うことなく弁護士に相談しましょう。

 

また、自分の解決方法を自分で判断できる人は中々いないと思います。

 

依頼するかは別として、まずは業務に制限のない弁護士に相談して解決方法のアドバイスを受けておくといいでしょう。

 

メールで債務整理の相談ができる弁護士の一覧

 

任意整理の相談も弁護士がオススメ

どんな解決方法にも対応出来る弁護士は、その分費用が高くなります。

 

任意整理で解決が可能な場合には、費用から考えると司法書士に相談した方がいいように思えますね。

 

しかし、裁判所を利用しない解決方法である任意整理の場合でも弁護士をオススメする理由があります。

 

先ほど説明した裁判所での手続きをネタにして、債権者との交渉を優位に進めることができるのです。

 

債権者としては、自己破産や個人再生されるよりは任意整理での解決を望みます。

 

それは少しでも利益を得たいからです。

 

弁護士なら和解交渉において、個人再生や自己破産を隠し玉として交渉ができます。

 

司法書士と弁護士では、債権者の対応も大きく異なります。

 

債務者の盾としては、弁護士の方が頑丈だと言えます。

 

そしてもう一つ。

 

相談した際や依頼した時点では、きちんとした債務額の把握はできません。

 

実際に依頼してしっかりと精査した結果、任意整理ではなく個人再生や自己破産での解決の方が良いと判断する場合もあります。

 

こうなると、司法書士の業務の範囲を超えてしまうため、全てをサポートすることはできません。

 

素人判断で司法書士を選んでしまった結果、費用も手間も時間も無駄になります。

 

費用や時間の無駄

 

司法書士を選ぶ場合には、こういったリスクもあることを知っておきましょう。

 

なお、弁護士であれば、このようなリスクはありません。

 

借金の相談や債務整理に関しては、弁護士に相談した方が良いことの方が多いです。

 

費用だけを見て判断するのではなく、サポート内容をよく理解して決めてください。

不安な方は弁護士の無料メール相談を活用する

「弁護士に相談する」となると、なかなか踏み切ることが出来ない方が多くいます。

 

それは弁護士の敷居がまだまだ高いという事情も一つですが、
「適当にあしらわれて言いくるめられてしまうのではないか」と心配になるようです。

 

そこで、弁護士の無料メール相談の利用をオススメします。

 

無料メールであれば、費用はかかりません。

 

相談しづらいという問題もクリアできますね。

 

専門家に頼むべき問題かどうかもメールで質問してしまいましょう。

 

直接会うわけではないので、言いくるめられる心配もなく、考える時間も冷静な判断もできます。

 

しっかりと自分の意思をメールで伝えることによって、適切なアドバイスを無料で受けることができます。

 

無料メール相談も増えてきていますので、一度、利用してみるといいでしょう。

 

メールで債務整理の相談ができる弁護士の一覧