このエントリーをはてなブックマークに追加  

消費者金融などからの借金問題はすぐに専門家へ

債務整理の方法には、
 
任意整理
自己破産
個人再生手続き

 

といったさまざまな方法があります。

 

弁護士や司法書士に債務整理を依頼せず、自分で手続きをおこなう方もいらっしゃいます。
ある程度、法律の知識があれば、もちろんそれも可能です。

 

目的は借金の解決ですから、自分で解決できるなら弁護士にわざわざ依頼する必要はないと思います。

 

しかし、個人でおこなう場合には、法律の知識と交渉術が必要になってきます。
知識のない方は弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします

 

法律の勉強をしたことのない方なら、まずは知識を身につけることから始める必要があるので、債務整理をおこなうまでの時間が非常に掛かってしまいますし、交渉に関しての経験はそう簡単に手に入れることができない技術です。

 

また、任意整理の場合、借金をしている本人が消費者金融などを相手に交渉をしなくてはいけません。

 

交渉するにあたり、非常に不利な状況となってしまいます。
まともに交渉に応じてもらえず、逆に借金の返済を催促されてしまいます。

 

相手となるのは消費者金融などの債権者という立場です。
債権者と債務者という関係をいいことに、相手が主導権を握ってきます

 

 

消費者金融側も、都合が悪い事には簡単には応じてくれません。

 

なんだかんだと言い訳をしたり、言いくるめようという態度をとってくるのです。

 

ですから、善意の第三者が間に入って交渉するほうがスムーズに進みます。

 

あまり知識のない債務者ですと、解決どころか余計に精神的な負担を受けてしまう事もよくあります。

 

法律の専門家に依頼をし、スムーズに債務整理をおこなってもらったほうがいいでしょう。

 

なお、自己破産や個人再生の場合には、裁判所に出廷する必要があります。
これらの手続きを自分でする場合、仕事を休むことになります。

 

裁判所は平日しか開いていないため、仕事をしている方には負担でしょう。

 

裁判所を介さない任意整理だとしても、債権者との交渉があります。

 

仕事の合間におこなえるほど簡単なものではありません。
 

 

自分でやる場合には、取引履歴を開示してもらい、利息制限法に基づいての再計算も自分でやならなくてはいけません。

 

ただ、途中で完済して再度借りているなど、長年の取引がある場合、再度借り入れした日からの履歴しか開示されないこともよくありますので要注意です。

 

借金生活が長ければ長いほど、金利の負担は多くなっているため、過払いになっている可能性は高くなります。

 

契約時からの履歴をきちんと開示してもらうことが重要です。

 

このように、自分で借金問題を解決するには、法律の知識だけでなくノウハウや時間も必要になります。

 

費用はかかるものの、やはり弁護士や司法書士などの専門家に依頼した方がスムーズです。
本人は何もしなくて良く、返済すらしなくて良い状況になるのですから、、何ら悩むことなく解決が可能です。

 

特に、弁護士が代理人になることで、取り立てなどの請求、返済がストップするというのは大きなメリットです。

 

自分で借金の整理をするのも一つですが、弁護士や司法書士に頼んでしまったほうが無難です。

借金問題は時間が経つほど悪化する

お金の問題から解放された債務者の皆さんがよく口にすることですが、「もっと早く相談に来ていればよかった」と殆どの方が言われます。

 

自身でつくった借金だけに、自分でどうにかしなくてはいけない!
と思われるようですが、お金の問題は意外と面倒です。

 

自分でどうにかしたいという思いの一方で、なかなか完済できない方が多くいます。

 

原因は、以下のようなことからです。

 

利息が負担になって元金がなかなか減らない。
収入が減って増えない。
家計の収支のバランスがとれていない。
債権者からの請求によるストレス。

 

結果的に、借り入れ先は増え、借金総額も膨らみ、金利の支払いだけでいっぱいいっぱい…

 

相談に来る方を見ても、時間が経っている方ほど借金総額は大きく、多重債務者となっている傾向です。

 

厳しいようですが、一人で悩まれても解決は難しいという事です!

 

家族に知られたくない、弁護士などに頼むにもお金がないなど、様々な心配事があるかと思います。

 

しかし、どんな状況の方でも弁護士や司法書士のサポートをうけることができます。
借金の問題の解決も必ずできます。

 

債務整理の実績のある弁護士に相談してみてください。

 

どんな事情の方の借金問題にも対応してくれます。

 

まずは無料相談に応じてくれる弁護士に相談することから始めて下さい。

 

債務整理の無料相談を受ける場合に注意することはコチラ

無料相談やメール相談を利用して気軽に相談しよう

まずは相談です。
それが難問解決への行動の一歩ですから、勇気をもって踏み出してほしい!

 

そこで、いきなり弁護士や司法書士の事務所などに出向くことが難しいようであれば、メールでの相談ならどうでしょうか

 

最近では、メールでの相談も受け付けている事務所もあります。

 

それをきっかけに、依頼することも可能です。

 

 

また、電話による無料相談もあります。

 

気軽に利用して下さい。

 

思っていたよりも簡単に、借金をスムーズに解決できてしまうこともあります。

中には不愛想で人の気持ちを考えない専門家も…

自分の悩みを人に打ち明けるのは勇気がいることです。

 

ましてや、お金の事で弁護士や司法書士に相談するというのは、よほどの勇気が必要な事だと思います。
それなりの事情や状況だってあるでしょう。

 

それにも関わらず、不愛想でやたらと上から目線、命令するような口調で応じるなどの態度を取られたら、どういう気持ちになるでしょうか?

 

残念な事ですが、中にはそのような対応をする弁護士もいます。

 

また、弁護士も人間ですから、人間同士の相性というのもあります。

 

もちろん、そのような弁護士でも法律の知識はありますから、問題の解決はしてくれるでしょう。

 

確かにお金の諸問題の解決が最優先です。

 

しかし、あなたは、そのような弁護士に対して、安心してお金の問題を打ち明け、その処理を任せられますか?

 

心が軽くなって、問題解決への力が沸いてくる、そんなことも当人にとってはたいへん重要なことなんです。

 

そのためには、相互の信頼関係を築けるかどうかも大切なことです。

 

あなたのお知り合いに信頼できる弁護士がいれば、あるいは信頼できる知り合いから紹介してもらえる弁護士がいるなら、活用すべきでしょう。

 

もしそれがなければ、まず電話や、無料相談等を利用して、慎重に判断するしかありません

 

一人の弁護士に相談するというのではなく、複数の事務所に相談して比べながら、信頼できる弁護士を見つけて決めるといいでしょう。

 

まずは、無料相談をやっているところを探し、気軽に相談できそうな専門家を見つけることから初めてください。

 

弁護士本人と接してみて、自分の事情や状況、お金の問題を気軽に打ち明けられる専門家を見つけてください。

 

債務整理の無料相談を受ける場合に注意すること

弁護士と司法書士どちらに相談したら良いか?

相談先は弁護士なのか司法書士なのか・・・。
これは多くの方が迷う事ですが、まずはどのような違いがあるのかを知っておきましょう。

 

まず、過払い金などの件で交渉や裁判が必要な場合です。
司法書士の場合は、140万円以下の場合は、交渉権、簡易裁判所の訴訟代理権が認められていますが、過払金が140万円以上の交渉、訴訟を扱うことができません。

 

弁護士の場合は、140万円以下はもちろんの事、過払金が140万円以上でも、債務者の原告代理人となり、過払金返還請求の裁判を提起して回収することができるのです

 

また、自己破産での免責手続き・個人再生手続きも、地方裁判所に申し立てが必要なので、弁護士以外は代理人になることができません

 

これは法律で決められていることです。

 

よって、裁判所で手続きが必要な自己破産や個人再生を司法書士に依頼をしても、申立代理権はありません。
出来ることは書類作成のみになるので、債務者本人が申し立てすることになります。
手続きがスムーズに進まず、時間が掛かってしまうこともあります。

 

一方、弁護士にそのような制限はありません。
債務者自身が裁判所に出向いて手続きをする必要もなく、債権者との交渉も弁護士が代理人としておこないます。

 

このように、依頼したい内容によっては、司法書士では足りない事もあります。

 

費用の負担から考えると、司法書士の方が負担が少なく済みます。
ただ、司法書士も弁護士もそれほど差がないのが現状ですし、分割払いで対応してくれる点は一緒です。
債務整理の相談先は、どちらかというと、どんなケースにも対応できる実績のある弁護士に依頼をする方をお勧めします。

 

 

債務整理の無料相談を受ける場合に注意すること

 

 

債務整理の相談先としては、弁護士よりも司法書士を探している方が多い傾向です。

 

それは、弁護士に依頼する時よりも費用がかからないというのが、司法書士を選ぶ最大の理由です。

 

弁護士事務所に比べて、司法書士事務所の方が多くあることも一つです。
また、司法書士の方が身近で相談しやすい、という理由もあります。

 

しかし、それだけの理由で「司法書士に相談する」という選び方は正しくありません。

 

正しく選ぶためには、具体的に司法書士と弁護士ではどのように異なるのか?を知る必要があります。

 

まず費用についてです。
債務整理の相談費用は、どちらも無料で受けている事務所ばかりとなっています。

 

依頼した場合の費用は、内容にもよりますが、
司法書士の方が3〜6万円程度安くすみます。
(弁護士も司法書士も費用の支払いは分割払いで対応してくれます)

 

次に、職務の範囲についてですが、通常の司法書士に依頼をした場合、債務者の代理人にはなれません
自己破産や個人再生は裁判所に申立して手続きをすることになりますので、司法書士に依頼した場合は、書類作成のみとなります。

 

一方、弁護士に依頼した場合、債務者の代理人となり、債務者本人は何もせず、すべてを任せることができます。
司法書士は、弁護士より職務の範囲が限られているのです。

 

なお、認定司法書士に依頼をすれば債務者の代理人となれますので、弁護士と同様の手続きをおこなってもらうことが出来ます。

 

また、過払い金返還請求についてですが、司法書士でも可能です。

 

しかし、裁判所での訴訟となる場合には注意が必要です。

 

過払い金が140万円以上となると、その裁判は地方裁判所の管轄となります。
司法書士は地方裁判所管轄の裁判については代理人となることができません。

 

 

この場合には、司法書士は訴訟資料の作成のみで、裁判は債務者本人が行う事になります。

 

過払い金を得意とする専門家の一覧

司法書士と弁護士 自己破産の場合の違いは?

これは自己破産をする場合も司法書士と弁護士では対応が異なります。

 

なぜなら、自己破産は地方裁判所に申し立てをするからです。
司法書士は地方裁判所管轄の事件に関しては、法律によって代理人となれません。

 

司法書士に自己破産を依頼した場合には、「申し立て資料の作成のみ」となります。

 

この点は知っておく必要があります!

 

一方、弁護士に依頼した場合、自己破産の申し立てから免責決定まで、裁判所に本人が呼ばれることもなく、全て弁護士が代理人となり対応してくれます。

 

司法書士への依頼は、費用という点ではメリットになります。

 

しかし、依頼内容によって出来る範囲が限られているため、費用も安く済むというわけです。

 

個々の借金の総額や事情などは異なります。

 

せっかく専門家に依頼するのであれば、自分のお金の問題を面倒なく解決してくれる専門家を選びましょう。

任意整理だけなら司法書士に!

弁護士と司法書士の異なる点を説明しましたが、任意整理だけなら司法書士に依頼する方がいいでしょう。

 

任意整理では弁護士同様の仕事が司法書士でも可能ですから、費用の安い司法書士に依頼した方がお得ですね。

 

弁護士同様に、利息制限法で再計算を行い、無理のない範囲で債権者への返済を計画し、和解に向けた交渉をしてくれます。

 

ただし、持家があり個人再生を活用したい、自己破産を考えているなどの場合には、弁護士への相談をお勧めします。

 

それでもどちらを選び相談したらいいか分からないという方は、無料相談を利用して、司法書士事務所、弁護士事務所(法律事務所)とそれぞれに相談してみるといいでしょう。

 

債務整理の無料相談を受ける場合に注意すること

 

住宅ローンの返済について無料で相談に乗ってくれる専門家はコチラ