このエントリーをはてなブックマークに追加  

クレジットカードやローンの審査が通らない

債務整理をおこなうことで、今までの苦しい生活から一転、お金の問題も解決して一般的な生活を始めることができます。

 

しかし、全てが今までどおりとはいきません。

 

その点もきちんとおさえておきましょう。

 

債務整理を行うできなくなること

 

一定の期間はお金を借りることができなくなります。

 

特に、過払い金請求をおこなうと、過払い金を取り返した債権者からは、借り入れすることはできなくなります。

 

個人再生や特定調停、自己破産をおこなった場合も同様です。

 

金融機関にもよりますが・・・。

 

数年から7年くらいの間は、新規の借り入れや、クレジットカードの審査が通らなくなるので、車や住宅ローンが組めなくなります。

 

 

ただ、家庭の収支をきちんと把握して生活をすれば、日常生活において、消費者金融やカードを利用する必要はないはずです。

 

そのため、お金の借り入れができないという事は、それほど大した問題ではありませんね。

 

なお、住宅や車の購入を考えている場合にも、お金が借りられない期間は我慢すればいいだけです。

 


貯蓄期間と考えて、頭金を用意しておいてください。

 

なお、貸金業者や消費者金融から借り入れができない、カード審査が通らないからと言って、闇金に手を出す方がいらっしゃいます。

 

絶対にやめてください!

自己破産によって一時的につくことの出来ない職業がある

職業によっては、自己破産の手続き中、仕事を制限されることがあります。
例えば、

 

  • 保険の外交員
  • 弁護士など士業のような専門職

 

各資格、職種に関係する法律で定められています。

 

自己破産の申し立てによって、仕事に支障が出る場合があるので確認しておきましょう。

 

ただし、自己破産の手続きによって職を失うというような事ではありません。

 

破産開始決定から免責決定までの期間については、職に就けないという制限です。

 

長くみても数か月程度ですが、一時的に職務に就けないことで、仕事に影響が出ることもあるでしょう。

 

自分の職業が制限されるかどうかの確認はしておくべきですね。

 

なお、一時的でも職に就けない事で問題が生じる場合には、個人再生、任意整理での解決をお勧めします

 

個人再生や任意整理については、このような仕事の制限はありません。

 

詳しくは、裁判所や弁護士に確認してください。

 

債務整理についての注意点はこちら

連帯保証人がいるかどうかを要確認

お金を借りる際に、連帯保証人を付けた方は注意が必要です。

 

特に、自己破産をおこなう場合です。

 

自己破産をすると、自己破産をした当人(債務者)は借金をゼロにすることができます。

 

しかし、同様の借金を背負っている連帯保証人は、支払い義務が残ります。

 

 

債権者は、連帯保証人に対して返済の請求ができるのです。

 

「自分だけが債務整理をしてお金の問題を解決すればいい」」というわけではありません。

 

連帯保証人がいて破産をする場合、連帯保証人の方に同意を得ておかないと面倒なことになります。

 


または、連帯保証人も一緒に自己破産することが必要です。

 

弁護士や司法書士に依頼した場合、連帯保証人の有無を聞かれるはずですが、債務者自身もきちんと確認しておくべきです。

 

連帯保証人に迷惑をかけないように、必ず連帯保証人の方に連絡して確認しましょう。

 

なお、こういった悩みも弁護士や司法書士に相談することが解決の近道です。

 

どんな方法での解決が最善なのか、まずは無料相談をうまく使って相談してみましょう。

 

無料で相談できる専門家の一覧はコチラへ

 

ブラックリスト/事故情報について詳しくはこちら