このエントリーをはてなブックマークに追加  

家族に隠している借金をバレずに解決したい方へ

家族には内緒で債務整理をしたいという方が多くいます。

 

連帯保証人がいない場合、その債務(借金)は、債務者本人に帰属します。

 

家族であっても債務者が生きている限りは、その本人以外の第三者が返済する義務を負うことはありません。

 

家族に知られることなく借金の解決は可能です。

 

 

もちろん、債務整理によって家族に影響が出ることもないのが基本です。

 

しかし、マイホームがあるなど財産をお持ちの場合には少し勝手が異なります。

 

任意整理であれば、バレずに借金の解決ができます。

 

個人再生の場合

 

裁判所に申し立てすることから家族に内緒にするのは難しいでしょう。

 

住宅ローンを含めたうえで借金を解決する方法になります。

 

家族には知らせて、協力してもらう方が良いでしょう。

 

債権者側(消費者金融や銀行など)が、裁判所に申し立てなどをすれば、裁判所は訴状等を債務者の住所地や居住地に郵送することになります。

 

したがって、家族で住んでいる場合には、借り入れ先次第では、「家族に知られる可能性も少なからずある」ということは知っておきましょう。

 

小規模個人再生について詳しくはこちら

 

自己破産の場合

 

家族に隠しておくことは無理です。

 

持家などの財産があれば、原則、処分することになるからです。

 

【自己破産について下記を参考にしてください】

 

自己破産のメリット

 

自己破産のデメリット

 

 

本人以外に保証人や連帯保証人が家族にいる場合

 

債務者が自己破産をして借金をゼロにしても、保証人になっている方の債務は残ります。

 

家族の誰かが連帯保証人になっている場合には、その方に返済する義務が生じますので注意してください。

 

親戚や知人が連帯保証人になっている場合も同様です。

 

迷惑をかけないためにもきちんと話すべきです。

 

持ち家や連帯保証人の問題さえクリアできれば、任意整理であろうと自己破産であろうと、家族に知られずに解決はできます。

 

債務整理についての注意点はコチラ

債務整理をすると官報に載ると聞いたけど、家族に知られてしまうのでは?

個人再生、自己破産をおこなえば、官報に掲載されることになります。

 

この官報ですが、皆さんはご存知ですか?

 

その存在を知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

通常の生活の中では、目にすることのないモノです。

 

仮に、官報という存在を知っていて見たとしても、そこに自分が載っているよ!と言わない限り、特定の人を発見することはできないと思います。

 

なぜなら、毎日のようにたくさんの人が載っているからです。

 

見つけられる可能性はとても低いと言えます。

 

官報に載る=家族にばれる

 

という可能性はかなり低いでしょう!

 

自己破産や個人再生、任意整理をした本人は、数年間などの一定期間、
自身の名義で車や住宅ローンを組むこと、カードを作ることはできなくなります。

 

その家族は問題なくカードの利用や申し込みができますので、それほど心配する必要はありません。

 

経験豊富な弁護士や司法書士は、家族に知られないような方法を熟知しています。

 


無料相談の際には、「家族に知られたくない」ということを伝えてください。

 

債務整理の無料相談を受ける場合に注意することはコチラ