このエントリーをはてなブックマークに追加  

自己破産をするともうお金は借りられないの?

自己破産をすると、どうなるの?
どんな影響があるの?

 

自己破産への不安は多くあるでしょう。

 

その中でも、「破産するとお金が借りられない」という点について説明します。

 

自己破産の手続きが開始され免責決定となると、金融機関が共有している信用情報に登録されることになります。
一般的には、この信用情報機関に登録されることを、いわゆるブラックリストに載ると呼ばれているようです。

 

 

例えば、住宅や車のローンの融資を受ける際、
金融機関はその方がお金を返す能力があるか?
これまでに遅延なく返済をしているか?

 

などをこの機関に問い合わせて調べることになります。
金融機関は、信用情報機関を閲覧することで、この人間は融資するのに信頼できる人間かどうかを判断するのです。

 

信用情報に登録されている方であれば、金融機関はローンの申込みを断ります

 

なお、金融機関とは、銀行以外にも貸金業者や消費者金融、他にもクレジットカード会社やショッピングカードローン会社などです。

 

情報機関に登録されている情報は、住所・氏名、現在の債務状況、過去の取引情報、事故情報などが登録されています。

 

自己破産をした場合、事故情報として登録されます。

 

もっとも重大な事故情報としてです。

 

しかし、この情報は、いつまでも乗り続けるわけではありません。

 

ある一定の期間を過ぎれば登録情報は消されます。
自己破産の場合ですと、10年位で消えるとされています。

 

この情報が削除されてしまえば、またローンを組めることになります。
とはいえ、一度経験してお分かりのように、むやみな借り入れは、取り返しのつかない事を招くケースもあります。

 

借り入れのない生活ができるようにするのが一番ですね。

 

債務整理についての注意点はコチラ

一度自己破産してもまたできる?

一度自己破産をした人間に、裁判所も法律もそう甘くはありません。

 

1度目の免責から原則7年間はできません

 

破産法という法律で定められています。

 

 

つまり、1度目の自己破産(免責)から7年経過すれば、自己破産は出来る事になります。

 

なお、7年以内に申し立てを行っても、免責決定を受けられず債務を逃れられることができないのが原則ですが、
よほどの事情がある場合には、裁判官の裁量免責によって免責が認められることもあります。

 

法律的には7年とありますが、3度4度目ともなると、そう簡単には免責決定は受けられないでしょう。

 

そこまで許容範囲は広くありませんし、それを許しては、債権者の利益を害してしまうからです。

 

お金に困ったら自己破産すればいいやという人が出てしまう可能性もありますね。

 

 

自己破産を得意とする専門家はコチラ