このエントリーをはてなブックマークに追加  

知らぬ間に利用料金は発生している!

携帯利用に伴う被害で多いいのが、サイト利用料絡みの悪質な請求です。

 

これは、サイト運営者が行う典型的な詐欺です。

 

具体的には、サイト利用料が無料などと謳い利用を促すのですが、これに釣られて実際にサイトを訪れ利用してしまう。

 

その後なんと無料のはずの利用料を請求されてしまうのです。

 

無料なのだからそんな請求は無視すればいいだけなののですが…

 

しかしこのような請求を拒まずに、支払ってしまう人が後を絶たないのです。

 

それはなぜでしょうか?

 

まずは業者の言い分(言いがかり)を聞いてみることから始めてみます。

 

これもいくつかのパターンがあります。

1.「利用規約に利用料についての記載がある」

 

利用規約があるというものサイトのトップには大きく利用料無料と掲げているにも関わらず、隅のほうに小さな字で書かれている利用規約には利用料が発生すると言ってくるのです。

 

具体的には、一定期間(例えば3日)を経過して解約されていない場合には、利用料が発生する、などと書かれていることがあります。

 

なお、更に酷い場合には解約の方法が書かれていない。

 

解約したくても出来ない場合でも、それを言い分として請求をしてくる事もあります。

 

利用者は支払いを拒みたくても、実際に利用規約に書かれているので、自信をもって反論できず、支払いに応じてしまうのです。

 

 

2.「あなたが利用しているサイトは利用料無料とは別のサイトですよ」

 

利用料無料とは別のサイトというものこれもよくあるケースですが、最初は無料のサイトから入っていたはずなのに、気づけば異なるサイトを利用させられていたケースです。

 

サイトの中のものだと思いクリックして利用しているうちに、別のサイトに飛ばされてしまうのです

 

または、サイト内に別のサイトからの案内などが表示されていたりすることも多く、登録したサイトと同じものだと思い、利用してしまう。

 

これによって、利用料が発生していたというものもあります。

 

このケースでも、有料サイトを使用したことを仕方なく認めさせられ、支払いに応じてしまうようです。

 

詐欺の無料相談を使ってお金を取り返す方法はこちら

詐欺とわかっていても払ってしまう

いずれにしても、業者の言い分は、表面的には正しいもののようにも思えます。

 

しかし、実際には、登録時点で、無料であると信じさせて契約させているわけです。

 

詐欺であることに変わりはありません!

 

しかし、中には、もちろん詐欺であると分かっていても、支払ってしまう人が多いのも特徴の一つです。

 

それでもなぜ支払ってしまうのか!?

 


出会い系サイトでは、メールアドレスや、場合によっては電話番号を登録する必要があるため、「相手に自分の事が知られている」という不安に襲われるのです。

 

その結果、支払ってしまうのです。

 

実際には、電話番号やアドレスで本人を特定するのは(例えば住所を知ることは)難しいのですが…。

 

更に、少しでもきつく請求されたり、揉めるような事になると、

 

「出会い系サイトを利用していることを知られたくない」

 

などの理由から、お金で解決できるならそのほうがいいという感じで支払ってしまうのです。

 

また、この利用料の請求がそれほど多額ではなかったりすると、支払ってしまう要因にもなります。

 

もしも、このような事から支払いに応じてしまった、請求されている場合には、すぐに専門家に相談することをお勧めします。

 

詐欺被害の無料相談ができる弁護士一覧

 

詐欺の無料相談を使ってお金を取り返す方法はこちら