このエントリーをはてなブックマークに追加  

不倫などの不貞行為が原因で離婚になる場合、当然不倫をした配偶者への慰謝料請求はできます。

 

配偶者だけでなく、浮気相手からも慰謝料を取りたい!と思う方もいるはずです。

 

不倫などの不貞行為は、

 

不倫は、配偶者だけではできませんから、不倫相手がいて成立する行為であり、配偶者と浮気相手による共同不法行為が成立します。

 

不倫相手が不倫だという認識があった場合には、他人に損害を与えたことになります。

 

よって、配偶者の不倫相手に対しても慰謝料請求は可能です。

 

しかし、不倫相手に対しての慰謝料請求は、期限なくいつまでも請求することができるわけではありません。

 

法律では、不倫相手への慰謝料を請求することができる期間、つまり時効が決められているのです。

 

ここでは、時効について説明していきます。

1. 不倫相手の時効が成立する時期は?不倫を知ってから3年

 

不倫相手へ慰謝料を請求することができる期間は、慰謝料の請求内容に異なります。

 

1-1 不倫をされたことで受けた精神的な苦痛に対する慰謝料の場合〜知ってから3年

 

@ 不倫をされたことで受けた精神的な苦痛に対する慰謝料の場合

 

不倫(浮気)をされたことを知ってから3年

 

これに関しては、「知ってから3年」とされています。

 

不倫していることを知らずに離婚をした場合でも、不倫が離婚の原因だと知った時

 

その事実を知った時から3年ということです。

 

今すぐ専門家に相談したい方はこちら

1-2 不倫が原因で婚姻関係が破綻してしまったことで受ける精神的な苦痛の慰謝料請求〜破綻した時から3年

 

A 不倫が原因で婚姻関係が破綻してしまったことで受ける精神的な苦痛の慰謝料請求

 

不倫が原因で婚姻関係が破綻した時から3年

 

1-3 不倫が原因で離婚が決まったことで受ける精神的な苦痛の慰謝料請求〜離婚した時から3年

 

B 不倫が原因で離婚が決まったことで受ける精神的な苦痛の慰謝料請求

離婚した時から3年

 

1-4 不倫の事実を知らずに離婚して後から知った場合〜離婚から20年経過していれば時効成立

 

ただし、不倫が原因で上記の精神的苦痛を受けたとしても、またはその事実を後から知ろうが知らなかろうが、その事実や離婚から20年経過している場合には、時効が成立します。

 

つまり、離婚後に事実が分かったとして、事実を知ったときから3年以内の請求であっても、時効が成立していれば、法律的には慰謝料を請求することはできません。

 

 

なお、法律的に時効はあるものの、配偶者やその不倫相手がその事実を認めて、慰謝料を支払うということであれば、慰謝料を請求することは可能です。

 

ですが、これは相手次第ですから、不倫相手に時効を主張されてしまえば、慰謝料は支払う必要がなく、請求してももらうことはできません。

 

2. 証拠がなければ浮気相手から慰謝料はとれない!とぼけられないような確実な証拠

 

時効について説明しましたが、

 

そもそも本当に不倫があったかどうか?それを認めさせるための証拠が必要です。

 

配偶者とその相手がすんなり認めてくれればなんら問題はないのですが、そう簡単には認めない場合が多いでしょう。

 

この場合には証拠が必要となりますし、証拠をもってしても認めない、逃げるような場合には裁判で争うしかありません。

 

裁判で慰謝料を勝ち取るためには、第三者となる裁判官が「不倫関係があった」と判断するための確実な証拠が必要です。

 

慰謝料の請求を考えた場合、時効云々もそうですが、不倫関係を確実に証明する証拠を揃えることが重要です。

 

なお、証拠集めの際の注意としては、慰謝料請求では肉体関係があったと立証できるレベルの証拠が必要です。

 

どんな証拠が必要なのか?など、きちんと準備してから行動に出ましょう!

 

また、慰謝料の裁判などをお考えの場合には、一度専門家である弁護士への相談をおすすめします。

 

参考ページ

 

【電話一覧】離婚についての無料相談!今すぐできる専門家の窓口

 

浮気の悩みを無料相談したい人!すぐに相談できる専門家と連絡先情報

 

法律に違反している不倫は不法行為として慰謝料請求の要件となる

 

慰謝料を取れるのは不貞行為!浮気と不貞行為の違い

 

浮気相手に対する慰謝料請求〜慰謝料の目安と必要な証拠

 

離婚裁判・慰謝料請求裁判で認められる不貞行為とは?確実に認められるための証拠