このエントリーをはてなブックマークに追加  

示談って何?

追突事故や接触事故などの交通事故が発生すると、損害が発生します。

 

その損害について当事者同士 ( 加害者と被害者の両方 ) が示談交渉をすることになります。

 

そして、治療費や慰謝料、休業損害や後遺障害などの損害賠償額や支払方法などを決めて解決を図る事になります。

 

この解決を示談と言います。

 

 

また、その示談(解決)までの過程の話し合いを示談交渉といいます。

 

 

当事者同士が損害の内容について合意すれば示談成立となります。

 

合意できなければ、示談不成立という事です。

 

さて、ここで重要なのが示談成立にはどのような効果があるのか?という点になります。

 

示談では損害賠償額を決めます。

 

それは加害者が被害者に対して損害賠償金の支払いを約束するということであり、被害者はそのお金を受領する事になります。

 

ここでポイントなのは、被害者はこの金銭の受領によって「 これ以上の損害賠償を加害者に一切請求しない」という意味となるということです。

 

「この金額で全て終わり=解決」という契約をするのです。

 

これが示談です!

 

そして一度してしまった示談は、原則としてやり直しや取り消しができないのです。

 

だからこそ慎重に!という事を知っていただけたらと。

交渉は誰が行うのか?

この示談交渉は誰が行うのか?

 

自分で示談交渉を行う事もできます。

 

また、任意保険に加入している場合なら、殆どの場合は保険会社の人に変わりにやってくれます。

 

弁護士などの専門家にお願いする事も可能です。

 

なお、自分で示談交渉をする場合、少し注意して交渉しなくてはいけません。

 

交渉の相手は損害保険会社です。

 

自動車保険を扱っているのですから、交通事故のプロです。

 

法律の専門家でもない素人では対等に渡り合うのが難しいでしょう。

 

そのため、対等に渡り合いたいなら、一通りの知識を蓄えてから望むか、弁護士などの専門家に依頼することをお勧めします。

 

示談交渉は損害賠償額を決定するとても重要な話し合いです。

 

慎重に話し合いを進めていくことを心がけて下さい。

現場での示談は絶対にダメ!

絶対にしてはいけない示談のケースを紹介しておきます。

 

それは交通事故現場での「即決示談」です。

 

些細な物損事故などでよくあるケースです。

 

互いの車に傷もなく、怪我もなく双方が合意のうえで即決示談をするなら良いのですが、人身事故などではこれは絶対にやってはいけません。

 

事故というのは、当人同士では判断ができない要素が含まれているものです。

 

交通事故での示談交渉では、必ず過失割合というのを決めます。

 

過失割合は受け取る損害額にも影響してきます。

 

例えば、一方の車がエンジンを切るなどして完全に停車していた場合なら、突っ込んできた加害者の過失は10となり、話しは簡単です。

 

しかし、どちらかが過失が10となるケースは稀です。

 

車同士の追突や接触事故では、相手に原因があったとしても、自分の車が少しでも動いている状況で事故にあえば、被害者であろうと1割以上の過失があるとされるのです。

 

自動車事故の損害賠償では、この過失が重要となるので補足しておきます。

 

過失とは、一般的には運転者の不注意のことを意味します。

 

この過失=不注意は、警察が決めるものではなく、話し合いによって決められます。

 

どちらにどれだけの過失(責任)があったか?

 

示談交渉では、それぞれの過失の割合を決めることになります。

 

そして、交通事故の示談交渉で揉める原因は、殆どがこの過失割合についてです。

事故現場での即決示談がなぜダメ??

交通事故現場での即決示談がなぜダメなのかに話を戻します。

 

事故直後の状況を考えてみてください。

 

どんな方でも少なからず動揺や興奮された状態です。

 

冷静な判断などできないと思います。

 

そんな状態で、もしも相手が少しでも自分の責任が軽くなるように働きかけてきたら・・・

 

このような事もあるんですよ。

 

一見すれば、「その場で解決したからよかった」なんて事のように感じますが、これは無謀です。

 

 

どちらかの投げかけに対して、よく分からないままに応じてしまい即決示談してはいけません。

 

事故現場において即決示談するという事は、過失割合をその場で当事者同士が決めるという事です。

 

損害額の重要な要素となる過失割合をその場で決めるなんてことは危険です。

 

後々後悔する事が多くあるため、即決示談なんて事は絶対にしてはならない行動です。

相手のペースでの交渉や提案には応じない!

では、どのような基準で過失割合は決めるのか?

 

 

基準となるのは過去の裁判例です。

 


実際に起きた事故と類似した過去の裁判例を基準とします。

 

そのうえで実際の事故状況に応じて割合を修正しながら決定していくことになります。

 

すなわち、過去の判例を知らないと示談交渉を有利に進められません。

 

自動車保険を扱う損害保険会社であれば、当然ですが、判例を把握しています。

 

このようなことも関係してくるため、自分で保険会社の担当者を相手として示談交渉(過失割合の決定)をすることは難しいと言えるのです。

 

また、実際にはもっと多くの知識が必要となります。

 

知識以外にも経験も必要です。

 

自分でやる示談交渉では、

 

相手のペースで示談が成立してしまう=自分に不利な内容で示談成立しまう

 

よくあることです。

 

一度示談が成立してしまえば、後から「相手にも過失があったのに〜、損をした」となっても、原則はやり直しができません。

 

このように、示談というのは、安易に行うことではありません。

 

その交渉も慎重に行うべきであり、交通事故現場で即決示談することなど言語道断です。

 


交通事故現場では、過失や損害賠償額についての具体的な話なども一切するべきではありません。

 

自分のほうに明らかに大きい過失があったとしても、必要以上に謝罪はせず、軽い謝罪だけで済ませましょう。

 

具体的な損害賠償、話し合いなどについては、後日連絡する旨だけを伝えておくようにしてください。

 

【参考ページ】

交通事故についての無料相談はこちら

 

示談が成立しない場合

 

慰謝料の決め方とその相場