このエントリーをはてなブックマークに追加  

加害者が未成年者だった!損害賠償はどうなるの?

交通事故の加害者が未成年であった場合

 

未成年という立場から損害賠償請求はどうなるのか?という問題が出てきます。

 

民法では、未成年者が不法行為を起こした場合の責任について712条で規定しています。

 

 

【民法712条】

 

未成年者が他人に損害を加えた場合、

 

自己の行為の責任を弁識するに

 

足りる知能を備えていなかったときは、

 

その行為について賠償の責任を負わない。

未成年者が交通事故を起こした場合の説明

 

その起こした行為を認識することができないのであれば、

 

不法行為責任=交通事故の責任は負わないことになります。

 

交通事故を起こした際の損害賠償責任を負わないということになります。

 

しかし、条文をよく見てみると、「責任を弁識するに足りる知能を備えてなかったとき」とあります。

 

これを責任無能力といいます。

 

責任能力があるか?
それとも責任無能力なのか?

 

これは一つのポイントとなります。

 

幼児や小学校低学年の子であれば、自分がした行為に弁識能力がなかった(責任無能力)と言えるでしょう。

 

未成年者でも18歳や19歳となればどうでしょうか?

 

どう考えても自分のした行為を弁識できます!

 

責任能力がないとされるのは、一般的には12〜13歳以下の年齢の場合になります。

 

 

バイクや自動車を運転できる年齢となれば、未成年者であろうと責任能力があるとされます。

 

損害賠償の責任は負うこととなります。

 

被害者は加害者が未成年であっても、本人に対して損害賠償請求ができることになります。

資力のない未成年ではなく親に損害を請求できるのか?

加害者が任意保険に加入していない場合

 

加害者が未成年者だと資力の問題が出てきます。

 

完全に自立した未成年者であれば、加害者本人に対して請求してもそれなりの賠償を受けることはも可能かもしれません。

 

人身事故を起こせばその賠償額は1000万を超えるケースも多くあります。

 

賠償額が大きくなれば、難しくなります。

 

  • 学生
  • 働いていてもバイトなど

 

損害賠償を支払うほどの資力がないのが通常です。

 

仮に未成年者本人に対して損害賠償請求をしても、賠償額の回収は難しいのが現実です。

 

 

そこで、本人に資力がないのであれば、その親に対して損害賠償請求ができないのか?

 

これに関しては、まず民法709条を見ておきましょう。

 

【709条】
不法行為による損害賠償について規定しており、

 

「故意又は過失によって他人の権利又は

 

法律上保護される利益を侵害した者は、

 

これによって生じた損害を賠償する責任を負う」というものです

 

不法行為責任を認めた判例

上記の条文がどうかかわってくるかというと・・・。

 

加害者本人だけでなく、その親(監督者)にも独自の不法行為責任を認めた判例があります。

 

不法行為責任を認めた判例

 

未成年者に責任能力があった場合。

 

親は監督義務者としての義務違反があります。

 

未成年者が起こした不法行為及びそれによって生じた結果について、相当因果関係があったと認められるとき。

 

親(監督義務者)も民法709条の不法行為をしたと解される。

 

親も不法行為責任を負うとして、

 

損害の賠償責任を負うことになります。

 

ただし、親である監督義務者が免責されるケースもあります。

 

親である監督義務者が免責された判例

 

親は子を監督するにあたり不注意もなく、未成年者が起こした交通事故について。

 

相当因果関係がないとされれば、損害賠償責任を負わないとされます。

 

なお、実際のところ親が賠償責任を免れるケースはかなり少ないと言えます。

 

人身事故に適用される自賠責法の運行供用者責任(法3条)から親に対しての損害賠償を追求することもできます。

 

運行供用者責任とは

 

例えば、親名義になっている車が自宅にあったとします。

 

その車を子が運転して起こした事故の場合、一般的に運行供用者責任が認められます。

 

子である加害者本人の名義になっていたとしたらどうなの?

 

加害者本人の名義の車の運行供用者責任が、

 

認められる可能性があります。

 

  • 購入費用
  • 管理
  • 維持費用

親が負担していた場合運行供用者責任とみなされる可能性があります。

 

交通事故についての無料相談はこちら