このエントリーをはてなブックマークに追加  

競売と任意売却とは何が違うの?

双方に共通しているのは、住宅ローンの返済をすることが出来なくなった家の所有者が、家を売って、そのお金で債権者に借りたお金を返済するというものです。

 

競売というのは、シンプルに言えば、裁判所が関わるため強制力が働きます

 

持ち主の意思や意向に関わらず、強制的に家を売られてしまうことです。

 

そして、裁判所は債権者と債務者の間に入って、その売却代金を分配することになります。

 

 

一方、任意売却というのは、債権者と債務者との間で家を売却するか否かを相談し、合意して家を売るという行為です。

 

つまり、住宅ローンを借りている家の所有者と住宅ローンを貸している銀行や保証会社とが話合って決めることになります。

 

ですから、きちんと話し合いができるようなら、任意売却という選択が可能です。

 

もし、話合いができないような段階であったり、関係が上手くいっていないとなれば、裁判所を使って強制的に売却するという最終的な手段を債権者は選択するでしょう。

 

なお、債権者、債務者双方にとって任意売却と競売、どちらが損をしないのか?という点は両者同様であり、一般の不動産市場で売る任意売却です。

 

高く売れれば債権者は貸したお金を回収することが出来ますし、債務者は借金の残債を減らすことができます
からね。

お互いに少しでも高く売れた方がよい!

少しでも高く売れた方がよい!

 

これは、当然ですよね。

 

つまり、債権者に対してはきちんと早期に対応して話合いに応じていれば、双方合意のうえで一般的な不動産流通市場で売ることが可能ですし、それが一般的となっています。

 

競売との違いについて説明しましたが、この違いを踏まえたうえで、不動産流通市場で売ることができる可能性があるならば、まずそれを試してみたほうが良いと思います。

 

なお、唯一競売のメリットとしては、不動産流通市場で売るよりも数ヶ月長く家に住んでいることが出来る
という点です。

 

どういう事かというと、任売であれば一般の人に公開をするため、早期に退去して家を売りに出す必要があります。
競売の場合は、落札者が決まるまでは住み続けることができます。

 

しかし、不動産鑑定士や執行官が価格調査のために内見をしに来たり、下見のために業者が建物の周辺をウロウロしたりと、嫌な思いをすることもあります。

 

更に、競売の場合はご近所にも競売に掛かっていることを知られてしまう可能性が高く、住み心地が悪くなることもあります。

早く行動することで選択肢は広がります!

さて、ここまで読んでいただいたという事は、色々と違いも分かって任売にしたい!と思われたのではないでしょうか?

 

とは言え、「そうしたいところだけれど、返済の目途もつかないし、競売云々という以前の問題だから、自己破産も考えている」という方もいらっしゃるのでは?

 

ちょっと待ってください!自己判断はしてはいけません

 

自己破産しなくても返済の目処が立つ可能性も十分にありますよ。

 

実際に、当初は競売・自己破産という決意を決めて相談に来られた方でも、それ以外の方法が見つかった!という方は多くいらっしゃいます。

 

まずは、弁護士や専門家に相談してみてください。

 

それでもどうしても他の方法がないとなれば、仕方がないと思います。

 

ただし、競売・自己破産という結果となったとしても、専門家であればきちんとその後の生活についての助言など、サポートをしてくれます。

 

いずれにしても専門家への相談は少しでも早いほうが良いのです。

 

あなたが選ぶ選択肢が広がりますから

 

任意売却の無料相談はこちら