このエントリーをはてなブックマークに追加  

知識不足が恐れや差別・不安の原因に!

  • ご自身がB型肝炎キャリア(持続感染)となった
  • 周りの方にキャリアの方がいる

 

この場合でも、正しい知識さえあればそれほど恐れ不安になる病気ではありません。

 

わが国ではB型肝炎ウイルスについての情報を持っている方は少ないのが現状です。

 

他の病気でもそうですが、自身や家族が病気にかかり、初めて知識を詰め込みますよね。

 

そのため、「感染」という言葉がつくものに関しては、下記のような傾向があります。


 

  • 異様に警戒してしまう
  • 疑心暗鬼になる
  • 知識不足により恐れる
  • 近寄ることさえも拒む

 


これは、感染した本人にも言えることです。

 

困った人

 

正しい知識さえ得れば対処できることも、必要以上の不安に襲われて自分の行動を制限しようとする方もいらっしゃいます。

 

その中でも、仕事についての不安はとても大きくあります。

 

  1. 飲食関係(厨房)の仕事ができるか?
  2. 介護や看護師などの医療関係の仕事に就けるか?
  3. B型肝炎を理由に解雇されたりすることはあるのか?
  4. 履歴書の健康状態に記載する必要は?
  5. 入社試験では伝えるのか?
  6. 職場ではどんなことに気を付けるべきか?
  7. B型肝炎訴訟を起こす場合には会社に伝えるのか?

 

などなど…

 

仕事に関する心配事は尽きないのが現実です。

 

ただ、こう言った質問が多くあるのも仕方ないように思えます。

 

B型肝炎ウイルスが「血液によって感染する」という情報は多くあります。

 

 

何をしたらダメ


 

このような場合にはうつってしまう


細かい明確な感染経路をはっきりとは言い切れない部分もあるからです。

 

何をしたらうつる、うつらないというのは、あくまでも可能性でしか答えることはできないのです。

 

どうなるかは検査をうけてみないと分かりません。

 

しかし、何も知らずB型肝炎だというだけで恐怖を覚えてしまうと、その本人もそうですが周りの方の行動は制限されてしまいます。

 

中には、これが原因となって差別を受けられてしまう方もいます。

 

そこで、ここではケースごとに出来る限り皆さんの疑問や心配事を解決できるような説明をしていきたいと思います。

B型肝炎ウイルスは日常的な接触ではうつらない!

 

まず、全ての方に知っていただきたい事

 

B型肝炎ウイルスは日常的な接触程度でうつる事はありません!

 

単純に考えれば当たり前のことですね。

 

接触しただけでうつるようなウイルスであれば、今頃全国民が感染しています。

 

  • 正しい情報や知識がない
  • 感染者に対する仕事上での偏見
  • 差別的な言動

 

これらのことが少なからずあるという現状があります。

 

また、日常的な接触や行動ではうつらないとは言ったものの、日常や仕事上での思わぬ事故やそれに伴う怪我で出血してしまうということは起こり得ます。

 

B型肝炎ウイルスの主な感染経路は血液です。

 

怪我の処置等で感染してしまう可能性は否定できません。

 

そこで、B型肝炎ウイルスの正しい知識も必要ですが、対処法や予防法というものも身に着けて頂きたいと思います。

 

感染者といってもキャリア(持続感染)レベルなのか?

 

肝機能障害レベルなのか?

 

その程度によっては仕事に従事する際に気を付けるべき事もあります。

 

こういった説明も別途していきますので、皆さんがより理解を深めていただき、互いがサポートしあいながら仕事ができる環境作りができたらと思っています。

 

B型肝炎の問題に強い弁護士一覧はコチラ