このエントリーをはてなブックマークに追加  

B型肝炎ウイルスについての正しい知識を知ろう

厚生労働省の過去の調査によると、自覚症状がないもののB型肝炎ウイルスを体内に持っているキャリアとされる方は、少なくとも約110 万人〜140万人いるとされています

 

また、既にB型肝炎を発症している患者さんは、約 7 万人いると平成20年の厚生労働省による報告書にまとめられています。

 

更に、B型肝炎かどうかが分かる肝炎ウイルス検査ですが、これを受けたことがないという人は全国民の約半数だという実態も出ています。

 

そのため、B型肝炎ウイルスを体内にもつキャリアの方の数というのは、実際にはもっと多くいる可能性もあります。

 

しかし、予測されるB型肝炎キャリアの数に対し、国民のB型肝炎に関する情報や知識は不足しています。

 

それは、自覚症状が出ない事からご自身が感染していると気付かずに知らないといったことや、感染していても症状が出ない、自然治癒するケースも多くあるため知識を深く知る必要がないということもあるでしょう。

 

ただし、肝硬変や肝がんへと悪化する事もある病気なのは確かです。

 

ですから、検査することや早期に適切な治療を受けることは必要です!

 

そこで、B型肝炎ウイルスに関するお役立ち情報として、Q&A方式でまとめてみました。

 

例えば、B型肝炎についてやその症状や治療、経過などの知識、給付金制度についてやその手続きの流れなど、そして、患者様自身をサポートするために日常生活や仕事上における知識など…

 

また、ご家族や知人、職場においてB型肝炎ウイルスに感染されている方がいらっしゃる方に知っていただきたい知識等もわかりやすくまとめています。

 

是非参考にしていただけたらと思います。

あなたの知りたいに答えます!