このエントリーをはてなブックマークに追加  

B型肝炎ウイルスに感染したからと慌てないで!

ウイルスに感染!

 

そんなことを聞けば、当然動揺することでしょう。

 

自分は病気になってしまった!などと不安になるとも思います。

 

また、ネット上などでは、感染について不安にさせるような情報も飛び交っています。

 

そのため、「感染した=肝硬変や肝がんなどの深刻な病気になる!」などと勘違いしていらっしゃる方もいますが、現在、ウイルス性肝炎は治る病気、または深刻になるのを防げる病気となっています。

 

ですから、自暴自棄になってはいけません。

 

まずは、慌てずにB型肝炎について正しい知識を得ることが必要です!

 

そして、病院での治療を行うべきです。

 

なお、B型肝炎ウイルスに感染していても全ての人に症状が出るわけではありません。ですので、ご自身が感染していることを知らない方も多くいます。

 

そこで、まずは検査を受けて、感染を知ることも重要です。

 

 

B型肝炎ウイルスの正しい知識とその治療について

さて、感染が分かったからといって慌てる必要がないとは言いましたが、病院での検査や治療は行うべきです。

 

治る病気、深刻な症状となるのを防げる病気ということに安心してはいけません。

 

そこで、どんな治療をすることになるのか?発症についてや治療しないとどうなるのか?などを説明していきたいと思います。

 

また、ご家族や親しい方がB型肝炎ウイルスに感染してしまった、という方もどんな事に気を付ければよいのかなど、正しい知識を持つためにもまずはどんな病気なのかについて知っておくことが大切です。

そもそも「肝炎」って何?

次に、そもそも肝炎とはなんだ?という話ですが、肝臓の病気です。

 

そして、この肝臓がダメージを受けると、肝炎 → 肝硬変 → 肝がんという症状に進むわけです。

 

その中の肝炎ですが、肝臓が炎症している状態となります。

 

炎症とは、赤く腫れて熱を持つということです。

 

この状態になることを肝炎といいますが、日本人の約80%が先ほど紹介したA〜C型などのウイルスが原因になっています。

 

更に、肝炎と言っても、急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎の3つに分けられます。

 

この違いは以下のとおりです。

 

肝炎の種類 症状と治療
急性肝炎

突然的に発症(炎症を起こす)。
黄疸が出ますが、入院して安静にしていれば症状は治ります。

慢性肝炎

6か月以上炎症がおさまらない場合。
この慢性肝炎が一番多くなっています。
一部は肝硬変になりますが、一般的に自覚症状はなく検診などでわかるケースが殆どです。
肝機能が安定していれば特別な治療は必要ありませんが、症状によって治療が異なります。

劇症肝炎

急性肝炎のうちの一部で、短期間で死に至るケースが多くなります。
初期症状は急性肝炎と同様です。
しかし、黄疸がおさまらず意識障害が出ます。
肝機能レベルが40%以下となると劇症肝炎と診断されます。
劇症肝炎は死亡率が70〜80%となるため、すぐに入院が必要となり、救命を目的とした治療となります。

 

 

なお、B型肝炎ウイルスの場合、ほとんどが急性肝炎となります。

 

つまり、安静にしていれば治癒することになりますが、B型肝炎ウイルスの中でも慢性化しやすいゲノタイプ Aとなると、慢性肝炎となる例もあります。

 

もしかしてB型肝炎かもと思ったらこちらをお読みください

深刻な症状とならないために!

さて、肝炎について段々と理解が出来てきたかと思いますが、まだまだ知っていただきたい事は多くあります。

 

症状やその治療以外についても、もっと理解を深めていただきたいところです。

 

というのも、肝炎は大きく わけて

 

  1. ウイルス性
  2. 薬物性
  3. アルコール性
  4. 自己免疫性

 

というように4つに原因を分類することができます。

 

また、ウイルス性については、A型・B型・C型などに分けられます

 

それによって症状や感染経路も異なるため、是非知っていただきたい!

 

肝炎全体の知識や理解を深めることで、B型肝炎の知識や理解も正しく得られます

 

そして、理解や知識を深めてこそ感染は防げますし、深刻な症状となることを防ぐことができます。

 

別途、詳しく説明していきますので、B型肝炎ウイルスに感染したからと慌てずにより理解を深めていただき、深刻な症状となることを防ぎましょう。

 

無料相談を利用する前に必ずお読みください

B型肝炎は治る可能性があるのか?記事一覧